シャノン、国内B to Bマーケティング調査結果を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


シャノン、国内B to Bマーケティング調査結果を発表


掲載日:2013/10/25


News

 株式会社シャノンは、国内B to Bマーケティングの意識・課題や現状について、2013年で3回目となるマーケティング・販促担当者を対象としたアンケート調査を実施し、その調査結果と分析内容を発表した。

 今回の調査方法はWebによるアンケート、調査期間は8月5日〜9月12日で回答者数248名となっている。

 同調査によると、今後、限られた予算やリソースの中でより成果を出すことがマーケティングに求められていくことが予想される中、企業におけるマーケティングに対する予算や業種別の傾向が見えてきた。

 マーケティング活動状況における課題について、2011年から2012年にかけてはオンライン・オフライン問わず取り組む施策に増加傾向がみられ、“作業が煩雑で回らない”という課題が上位に浮上していたが、2013年は、1位“活動の成果が見えない”、2位“商談に結びつかないリードが多い”といった成果に関する課題が再び上位を占めていると伝えている。

 B to B企業のマーケティング活動における評価方法については、“活動から得られた商談数”の割合が2012年では全体の12%、2013年では17%、“獲得リード件数”が同じく2012年30%、2013年22%と、2012年と比べると獲得件数から商談数での評価が増えており、ROIに対する意識が向上しているという。実施施策とシステム利用状況の調査結果から顧客・見込客DBの導入が進み、データが管理された結果ROIの可視化が進行しつつあることが推測されるという。

 同調査の結果で、企業のマーケティングに対する取り組みの拡大と意識の高まりが顕著に表れたとしている。シャノンによると、ソーシャル、スマートデバイスなどのコミュニケーション手段・接点の多様化を背景に、新しいマーケティング手法や技術が生まれ、マーケティング環境は日々変化しているという。その中で、企業は、課題や予算そしてROIのはざまの中、様々な施策展開により成果を出すために、オンライン・オフラインを問わず見込客との様々な接点における行動を見える化し、見込客が欲する情報を適切なタイミングとチャネルを通して提供していくことが問われていくことになると伝えている。

 同社では、同調査は次年度以降も継続的に実施していく予定であるとしている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

IoTのハードルを飛び越えるには企画〜開発までどう進めるべきか 【ソフトバンク】 次世代データセンターの能力を決める6つの要件とは 【ネットアップ】 5つの原則に見る、次世代データセンターの姿とは 【ネットアップ】 インバウンドに最適ソリューション!観光ルート提案サービス 【駅探】 事例で検証! Office 365 はコミュニケーション活性化の切り札か 【大塚商会/日本マイクロソフト】
無線LAN データセンター運用 データセンター運用 その他開発関連 グループウェア
IoTのハードルを飛び越えるために、企画から開発までどう進めるべきか? 6つの要件から理解するストレージのQoS、次世代データセンターの能力を決める鍵 5つの原則に見る、従来型データセンターの課題と次世代データセンターの姿 インバウンドに最適ソリューション!観光ルート提案サービス 事例/ Office 365で変えていく。社内コミュニケーションの質と量
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20051271



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ