日本オラクル、インメモリ処理が可能なSPARC M6搭載サーバ等提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本オラクル、インメモリ処理が可能なSPARC M6搭載サーバ等提供


掲載日:2013/10/24


News

 日本オラクル株式会社は、アプリケーションとDB全体をインメモリで実行し、優れたパフォーマンスを提供する「SPARC M6-32」サーバと、同サーバを搭載したエンジニアド・システム「Oracle SuperClusterM6-32」の提供を開始した。

 「SPARC M6-32」サーバは、最大32TBのメインメモリと最大32個の「SPARC M6」プロセッサ(最大384個のプロセッサ・コア)を搭載できる。また、電気的に隔離されたダイナミック・ドメインに対応している。高可用性を維持しながら、ワークロードを分離するためにセキュリティ/サービス/障害/リソースを隔離できる。

 仮想化技術“Oracle VM Server for SPARC”を用いて、ダイナミック・ドメイン1つにつき最大128個の仮想マシンを作成できるほか、仮想化機能“Oracle Solaris Zones”を用いて、リソースの割り当てと隔離を細かい単位で行なえるため、仮想化の柔軟性と効率を向上できる。

 「Oracle SuperCluster M6-32」では、Oracle Databaseのパフォーマンスに最適化された「Exadata Storage Server」が「SPARC M6-32」サーバと統合されている。

 同社のインメモリ・アプリケーションを用いた決算/コスト管理/予測/プランニングなどのパフォーマンスを10〜20倍向上できるほか、Oracle Databaseのクエリ検索とレポート作成を10倍高速化でき、容量を10分の1に圧縮できる(いずれも同社調べ)。ユーザが独自に構築する方法に比べ、開発期間や、管理/保守に要する時間を短縮できる。また、単一障害点がなく、高レベルの可用性を備えている。

 「SPARC M6-32」サーバと「SuperCluster M6-32」が構成するシステム全体と、統合クラウド環境を、「Oracle Enterprise Manager 12c」を用いて管理できる。

 「SPARC M6-32」サーバの最小構成価格は6585万8531円から。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

Microsoft Dynamics NAV (ERP/基幹システム) 【パシフィックビジネスコンサルティング】 機械学習やAPIで強化された「エンドポイントセキュリティ」の現在形とは 【シマンテック】 IIJの次世代IaaSを支えるストレージ基盤、高負荷時にもI/O性能保証できる理由 【日商エレクトロニクス】 クラウドDDoS対策サービス 【日本ラドウェア】 無駄と思ってしまう日報、何のための情報共有か基本に戻り考える 【株式会社ジャストシステム】
ERP アンチウイルス NAS ファイアウォール SFA
世界150ヵ国で11万社以上の導入実績。126言語、43ヵ国以上の商習慣に対応したマイクロソフトの中堅・中小企業向けグローバルERP。直感的な操作性と高い柔軟性が特長。 あらゆる企業がサイバー攻撃の標的となる中、情報漏えいなどの実害を防ぐためには、従業員の手元にあるエンドポイントの保護が重要になるという。その理由と対策とは。 IIJの次世代IaaSを支えるストレージ基盤、高負荷時にもI/O性能保証できる理由 DDoS攻撃対策の選び方――大規模攻撃に備える3つの対策を解説 「脱Excel」で強い営業チームを作る方法

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20051244


IT・IT製品TOP > サーバー > UNIX > UNIXのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ