日本オラクル、インメモリ処理が可能なSPARC M6搭載サーバ等提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本オラクル、インメモリ処理が可能なSPARC M6搭載サーバ等提供


掲載日:2013/10/24


News

 日本オラクル株式会社は、アプリケーションとDB全体をインメモリで実行し、優れたパフォーマンスを提供する「SPARC M6-32」サーバと、同サーバを搭載したエンジニアド・システム「Oracle SuperClusterM6-32」の提供を開始した。

 「SPARC M6-32」サーバは、最大32TBのメインメモリと最大32個の「SPARC M6」プロセッサ(最大384個のプロセッサ・コア)を搭載できる。また、電気的に隔離されたダイナミック・ドメインに対応している。高可用性を維持しながら、ワークロードを分離するためにセキュリティ/サービス/障害/リソースを隔離できる。

 仮想化技術“Oracle VM Server for SPARC”を用いて、ダイナミック・ドメイン1つにつき最大128個の仮想マシンを作成できるほか、仮想化機能“Oracle Solaris Zones”を用いて、リソースの割り当てと隔離を細かい単位で行なえるため、仮想化の柔軟性と効率を向上できる。

 「Oracle SuperCluster M6-32」では、Oracle Databaseのパフォーマンスに最適化された「Exadata Storage Server」が「SPARC M6-32」サーバと統合されている。

 同社のインメモリ・アプリケーションを用いた決算/コスト管理/予測/プランニングなどのパフォーマンスを10〜20倍向上できるほか、Oracle Databaseのクエリ検索とレポート作成を10倍高速化でき、容量を10分の1に圧縮できる(いずれも同社調べ)。ユーザが独自に構築する方法に比べ、開発期間や、管理/保守に要する時間を短縮できる。また、単一障害点がなく、高レベルの可用性を備えている。

 「SPARC M6-32」サーバと「SuperCluster M6-32」が構成するシステム全体と、統合クラウド環境を、「Oracle Enterprise Manager 12c」を用いて管理できる。

 「SPARC M6-32」サーバの最小構成価格は6585万8531円から。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

OMSS++勤怠管理サービス 【オービックビジネスコンサルタント】 帳票ソリューション 「ActiveReports 11.0J Server」 【グレープシティ】 Yahoo! JAPANの挑戦から学ぶ、大容量データの先進的なバックアップ手法 【日本アイ・ビー・エム】 データ中心の時代に求められるストレージの経済性を「SDS」で実現 【日本アイ・ビー・エム】 “完全ペーパーレス”で仕事はかどる? 1週間「紙禁止」で無理やり働いてみた 【KDDI株式会社】
勤怠管理システム 電子帳票システム NAS ストレージ仮想化 グループウェア
業務効率化から労務リスク対策まで――勤怠管理の自動化で得られる5つの効果 ノンプログラミング開発が可能なオールインワン帳票ソリューション。電子帳票の運用環境を簡単に構築できる。帳票設計から管理、運用まで幅広い領域をカバー。 Yahoo! JAPANの挑戦から学ぶ、大容量データの先進的なバックアップ手法 データ中心の時代に求められるストレージの経済性を「SDS」で実現 “完全ペーパーレス”で仕事はかどる? 1週間「紙禁止」で無理やり働いてみた

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20051244


IT・IT製品TOP > サーバー > UNIX > UNIXのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ