インバースネット、新CPUとSamsung製SSD搭載ノートPCを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


インバースネット、新CPUとSamsung製SSD搭載ノートPCを発売


掲載日:2013/10/24


News

 インバースネット株式会社は、インテル社製の新CPUである第4世代Coreプロセッサ・ファミリーに、Samsung製SSDを搭載した15.6インチノートPCをFRONTIERダイレクトストアで発売した。

 今回発売する製品は、インテルHM86マザーボードをベースにCore i7-4700MQ プロセッサ(2.40GHz/6MB)、250GB SSD、8GBメモリを搭載したモデルと、Core i5-4200M プロセッサ(2.50GHz/3MB)、250GB SSD、4GBメモリを搭載したスタンダードモデルの2モデルで、Windows 7とWindows 8が用意されている。

 第4世代CPUは、第3世代CPUから更に進化し、特にアイドル時の消費電力が抑えられている。また、CPU内蔵グラフィック機能が強化され、“インテルHDグラフィックス4600”は“インテルHDグラフィックス4000”の30%以上、“インテルHDグラフィックス2500”の倍以上の性能向上を可能にしている。更に、負荷の高い作業をする時に自動的に動作周波数を引き上げる“インテル ターボブーストテクノロジー2.0”や、1つのコア(頭脳)が同時に異なる処理を実行する“インテル ハイパースレッディングテクノロジー”などの機能で、負荷の大きい作業にもパフォーマンスを発揮する。

 Samsung 840シリーズ SSDのMDXコントローラは、一般的なデュアルコアコントローラに加え、ランダムアクセス専用のコアを実装している。そのため、普段使う1MB以下の小容量データに対し、早いスピードで読み書きを行なえ、スムーズな処理速度を後押しする。また、前機種SSD 830ファミリーの省エネ設計が向上し、待機時、動作時ともに約30%〜40%の低電力化を可能にしている。

 ダークブラウンを基調としたデザインで、1366×768ドットの表示領域を備えた15.6インチのワイド液晶、無線LAN(IEEE802.11b/g/n)、USB 3.0ポート、HDMIポート、マルチカードリーダを標準搭載している。


出荷日・発売日 2013年10月15日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「ノートパソコン」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ノートパソコン」関連情報をランダムに表示しています。

「ノートパソコン」関連の製品

3つのキーワードで見えてきた、働き方改革を実現する「デバイス活用術」 【VAIO】 PCリプレースが働き方改革の好機に――「Windows 10」移行で得られる安心と快適 【大塚商会】 「会社支給PC」に関するアンケート 【デル株式会社】 「お勤め先のビジネス課題と解決方法」についてのアンケート 【デル株式会社】 「働き方改革」ガイド:残業抑制やテレワークを実現するIT活用法とは? 【大塚商会】
ノートパソコン ノートパソコン ノートパソコン ノートパソコン ノートパソコン
3つのキーワードで見えてきた、働き方改革を実現する「デバイス活用術」 PCリプレースが働き方改革の好機に――「Windows 10」移行で得られる安心と快適 抽選で2-in-1ノートPCとギフト券が当たる★会社支給PCに関するアンケート ビジネス課題と解決方法のアンケート◆2-in-1ノートとギフト券が抽選で当たる 「働き方改革」ガイド:残業抑制やテレワークを実現するIT活用法とは?

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20051225


IT・IT製品TOP > PC > ノートパソコン > ノートパソコンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ