エレコム、11ac(ドラフト)対応の無線アクセスポイントを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


エレコム、11ac(ドラフト)対応の無線アクセスポイントを発売


掲載日:2013/10/23


News

 エレコム株式会社は、無線規格“IEEE802.11ac(ドラフト)”に対応した法人向け無線アクセスポイント2製品を10月下旬から順次発売する。

 今回発売されるのは、インテリジェントモデル「WAB-I1750-PS」とWebスマートモデル「WAB-S1167-PS」で、11ac(ドラフト)接続時に、それぞれ最大1300Mbpsと867Mbps(いずれも理論値)の高速転送を行なえ、複数台のWi-Fi機器を接続してもスムーズに無線LANネットワークを利用できる。11ac/n/a規格に加え、11n/11g/11bの従来規格の同時通信にも対応し、PCに加え、スマートフォン/タブレットなど、様々な機器とスムーズに通信できる上、従来規格を利用しながら、将来の11ac規格導入にも備えられる。また、ギガビット対応の有線LANポートを搭載し、有線ギガバックボーンの速度を最大限に利用できる。

 無線VLAN/マルチSSID機能を搭載し、部署ごとにセキュリティを確保できる。本体機能のオン/オフを時刻で指定できる“節電スケジュール機能”では、業務時間外はスリープ状態にすることで、セキュリティの向上と省電力運用を図れる。また、ゲストWi-Fi機能を搭載し、ゲストと他のネットワーク間の通信は遮断されるため、セキュリティを保護しながら、来訪者に無線LANネットワークを提供できる。

 AES/TKIP/WEPといった様々な無線セキュリティに対応するほか、「WAB-I1750-PS」では最大32個、「WAB-S1167-PS」では最大10個のマルチSSIDを設定できる。RADIUS認証にも対応し、RADIUSサーバとの組み合わせでアクセスを許可された利用者だけを接続できるようにすることで、セキュアなネットワークを構築できる。また、Wi-Fiアライアンスの“Wi-Fi CERTIFIED 802.11ac draft 3.0”認証を取得し、同認証ロゴを取得した製品と組み合わせることで最新規格を導入できる。

 コストパフォーマンスの高い設置環境を意識した仕様を採用していて、PoEパススルー機能を搭載し、他のPoE給電機器からの受電や、802.3af対応機器1台への給電を行なえる。本体には、動作時環境温度50度に対応した高耐久性・長寿命設計を採用している。壁付け設置が容易になるマグネットを標準装備しているほか、天井付けに対応する専用プレートと金具が付属し、ケンジントンロックにも対応している。「WAB-I1750-PS」は、ケンジントンロックに対応したセキュリティカバーが標準添付され、盗難からの保護を図れる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「アクセスポイント」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アクセスポイント」関連情報をランダムに表示しています。

「アクセスポイント」関連の製品

D-Link クラウド管理型 Wi-Fiソリューション DBA-1510P 【ディーリンクジャパン】
アクセスポイント
無線LANをクラウドから一元管理する次世代ソリューション「D-Link Business Cloud」に対応した無線LANアクセスポイント。

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20051213


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > アクセスポイント > アクセスポイントのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ