事例:JSP、MOTEXのLanScope CatをPC資産管理ツールとして採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例:JSP、MOTEXのLanScope CatをPC資産管理ツールとして採用


掲載日:2013/10/23


News

 エムオーテックス株式会社(MOTEX)は、同社のネットワークセキュリティツール「LanScope Cat」が、株式会社JSPのPC資産管理ツールとして採用されたことを発表した。

 「LanScope Cat」はクライアントPC・ネットワークへの負荷の軽さが特長の資産管理・ログ監視ツール。

 JSPグループは、発泡プラスチックの専業メーカー。同社は2012年8月にソフトウェアメーカーより“ライセンス調査依頼”を受け、その対応として同時期に導入した「LanScope Cat」と関連したソフトウェア資産管理(SAM)サービスである“SAM診断サービス”を活用し、2ヵ月でライセンス監査対応を完了したと伝えている。

 “SAM診断サービス”は、“SAM診断レポートサービス”と“ライセンス過不足チェックサービス”から構成されている。

 “SAM診断レポートサービス”は、SAMの構築レベルを診断することにより、改善点を把握できるサービスで、SAMの専門知識をもつ担当者が全5分野10項目について診断し、ISO 19770−1をベースとした4段階評価でユーザ専用のSAM簡易診断レポートを作成する。

 “ライセンス過不足チェックサービス”は、マイクロソフト製品のライセンス過不足を把握できるサービスで、利用者より提出されたハードウェア・ソフトウェア・ライセンスの情報を基に、過不足判定レポートを作成する。なお、ソフトウェア・ハードウェアの情報収集に「LanScope Cat」を無償で貸し出しているという。

 JSPは、正しくソフトウェアを管理することでライセンスの導入コストも削減するなど、社内におけるSAMの管理体制の構築を可能にしたと伝えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

IT資産管理・情報漏えい対策 LanScope Cat 【エムオーテックス】 IT資産/セキュリティ統合管理システム ManagementCore 【住友電工システムソリューション】 IT資産統合管理 コア ITAMソリューション 【ギガ+他】 エージェントレス型 IT資産管理ツール『e-Survey+』 【ニッポンダイナミックシステムズ】 資産管理ツールではじめるエンドポイントセキュリティ 【ネットワールド】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
IT資産管理、操作ログ管理、マルウェア対策、ファイル配布、各種レポートやリモートコントロールなど、セキュリティ対策やIT資産管理に必要な機能を網羅したパッケージ。 資産管理からセキュリティ対策、検疫まで1システムで行える統合管理ツール。
ニーズに応じ段階的な導入が可能。IT資産の把握、監視、統制による健全なシステム環境を実現。
導入実績1500社以上。PC端末からデータセンターまで、幅広いニーズに応えるIT資産統合管理ソリューション。物の管理と固定資産管理の紐づけを行い、資産管理を効率化する。 サイバー攻撃の対象に……エンドポイント保護の対策漏れはなぜ起こるのか ◎クラウドやAIなど最新技術により、多彩なエンドポイントセキュリティ機能を提供
◎標的型メール訓練、脅威判定、運用代行、EDRなど関連サービスも充実

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20051192


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ