FFRI、マルウェア感染対策の総務省のACTIVEに参加

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


FFRI、マルウェア感染対策の総務省のACTIVEに参加


掲載日:2013/10/22


News

 株式会社FFRIは、11月1日より総務省“官民連携による国民のマルウェア対策プロジェクト”(Advanced Cyber Threats response InitiatiVE、略称:ACTIVE)に参加すると発表した。

 FFRIによると、Webサイトを閲覧することで感染するなど、マルウェアの感染手法が高度化・巧妙化しており、インターネット利用者自身では感染の有無の判断やその対処が難しくなってきている。そこで総務省と複数の国内インターネットプロバイダ事業者やセキュリティベンダなどの事業者が協力し、国内のインターネット利用者を対象にマルウェア配布サイトへのアクセスの未然防止やマルウェアに感染した利用者への注意喚起などの実証実験に取り組むことになったという。同社は独自のマルウェア対策研究開発のノウハウを評価され、同プロジェクト参加事業者として選出されたという。 

 “ACTIVE推進フォーラム”は、“ACTIVE”参加事業者の体制強化のため、プロジェクト始動に先立って設立されたとしている。10月11日の第1回会合には新藤義孝総務大臣、飯塚久夫テレコム・アイザック推進会議会長をはじめ、同プロジェクトに参画する国内インターネットプロバイダ事業者やセキュリティベンダなどの事業者が出席し、同社からは代表の鵜飼氏が参加したと伝えている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

オープンソースECM「NemakiWare」 【イージフ】 紙とデジタルの利便性を両立する電子サイン、堀潤が注目するデジタル変革の一歩 【アドビ システムズ】 Cisco Umbrella 【サテライトオフィス】 Cisco Umbrella 【サテライトオフィス】 業務アプリがなんだか遅い――ログでは不明な遅延の原因を迅速に特定するには? 【ソーラーウインズ・ジャパン】
文書管理 ワークフロー 検疫 検疫 統合運用管理
CMISに完全準拠した国産オープンソースECM(文書管理)システム。ニーズにあわせて自由な拡張・連携が可能。ユーザもシステム管理者も使いやすい、シンプルなECM。 紙とデジタルの利便性を両立する電子サイン、堀潤が注目するデジタル変革の一歩 「WannaCry」など新種のサイバー攻撃を防ぐクラウド型DNS マルウェアの90%以上が利用する経路とは? 意外と見落としやすい対策ポイント 業務アプリがなんだか遅い――ログでは不明な遅延の原因を迅速に特定するには?
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20051148



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ