TCS、2013年度第2四半期の連結決算を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


TCS、2013年度第2四半期の連結決算を発表


掲載日:2013/10/22


News

 インド タタコンサルタンシー サービシズ(TCS)は、9月30日を末日とする2013年度第2四半期の連結決算を発表した。

 TCSは、ITサービス、コンサルティング及びビジネスソリューション企業で、コンサルティングを基盤とし、IT、BPO、インフラストラクチャ、エンジニアリング及びアシュアランスサービスを総合的に提供している。

 同社の2013年度第2四半期の売上高は、前年度比17%増の33億4000万ドル、純利益は前年度比16.4%増の7億4800万ドルだった。営業利益は前年同期比31.9%増の10億700万ドルで、受注量は前年同期比7.3%増だった。

 同社は、第2四半期には特にライフサイエンス、メディア、エネルギーとユーティリティ及び金融関連(BFSI)が牽引役となり、業績に貢献したとし、欧州、北米及び英国が成長を主導し、主要な地域において成長を達成したとしている。アセット・レバレッジド・ソリューションズ、アシュアランスサービス、エンタープライズ・ソリューションズ、エンジニアリング&インダストリアルサービス(EiS)及びインフラストラクチャが貢献し、ITとその他のサービス分野でもバランスのとれた成長を達成したと伝えている。

 また、イノベーションと知的財産では、9月30日現在、同四半期に申請した101件を含めて1441件の特許を申請中で、これまでに98件の特許を取得したとしている。

 人材関連では、事業拡大をサポートするため、引き続き人材を雇用したと伝えている。採用した人数は1万7362人(純増加人数7664人)で、連結ベースの総数は28万5250人となったとしている。稼働率(トレイニーを除く)は、83.4%で、トレイニーを入れて75%だったと伝えている。離職率(LTM)は従来と変わらずBPOを含めて10.9%だったとし、ITでの離職率は9.9%である一方、BPOの離職率はそれよりも高く16.3%だったとしている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

IFS Applications 製造業向けソリューション 【IFSジャパン】 オープンソース企業ポータル『Liferay Portal』 【イージフ】 集計・分析プラットフォーム 「Dr.Sum EA」 【ウイングアーク1st】 情報活用ダッシュボード 「MotionBoard」 【ウイングアーク1st】 改ざん検知・瞬間復旧ソリューション WebARGUS(ウェブアルゴス) 【デジタル・インフォメーション・テクノロジー】
ERP EIP BI BI IPS
各種製造業(組立型/プロセス型)やエンジニアリング業向けERP。様々な生産方式、複数拠点管理、多言語に対応。プロジェクト管理も充実。随時拡張可能なコンポーネント型。 ガートナー社による評価でリーダーと認定された企業ポータル。オープンソースでありながら多くの大規模導入実績あり。日本語標準対応、日本語サポート体制も整っている。 企業システムに蓄積されたデータを部門間や全社規模で集計分析。
Excelやブラウザを用いて、自由な集計分析を実現する多次元高速集計検索エンジン。
複数のデータソースからの情報を、一元的に可視化するダッシュボード製品。誰でも使える分かりやすさを備え、モバイル対応でリアルタイムに情報を集計・分析できる。 Webサイトを常時監視し、サイバー攻撃・標的型攻撃によって万一改ざんされても、瞬時にそれを検知して1秒未満で元通りに自動修復できるセキュリティ対策ソフト。
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20051144



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ