Akamai、2013年第2四半期版「インターネットの現状」を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


Akamai、2013年第2四半期版「インターネットの現状」を発表


掲載日:2013/10/22


News

 米Akamaiは、2013年第2四半期版のレポート「インターネットの現状」を発表した。

 2013年第2四半期中、世界各国の平均ピーク接続速度は18.9Mbpsとなったという。前年比では17%増で、上位10ヵ国の年間上昇率は、韓国の14%からシンガポール及び台湾の61%までとなったとしている。

 世界平均接続速度は、前四半期比5.2%増の3.3Mbps(第1四半期3.1Mbps)を記録したという。前年比では9.2%の伸びとなり、トップ10のうち9つの国/地域で10%超上昇したとしている。

 高速ブロードバンド(10Mbps以上)の普及率は、前四半期比13%増の14%を記録し、ブロードバンド(4Mbps以上)普及率は11%伸びたという。

 同社では、攻撃トラフィックと見なされる接続を記録するエージェント群をインターネットに配置しており、このエージェントが収集したデータをもとに、攻撃トラフィックの上位発生源の国々や、標的とされたポートを特定することができるという。観測された攻撃トラフィック合計の半分以上をインドネシアと中国が占めており、インドネシアが38%でトップ、中国が33%で2位、米国が6.9%で3位だったと伝えている。

 2008年の同レポートの創刊以来初めて、最も標的とされたポートが、ポート445(Microsoft-DS、15%)から、ポート443(SSL、17%)及びポート80(WWW、24%)に変わったという。ポート80とポート443を標的とする攻撃の90%はインドネシアが発生源だと述べている。

 世界各国のインターネットの普及状況については、242の国/地域から7億5200万以上のユニークIPv4アドレスがAkamai Intelligent Platformに接続し、これは前四半期比2%増、2012年同四半期比では13%増だと述べている。1つのIPアドレスを複数人で利用することもあるため、ユニークWebユーザの総数は10億人を大幅に上回ると推測しているという。

 モバイル接続については、調査対象のネットワーク事業者の平均接続速度は、0.5Mbpsから9.7Mbpsの範囲に分布したとしている。11の事業者の平均接続速度がブロードバンド (4Mbps以上)の範囲に入り、62の事業者における平均接続速度が1Mbpsを上回ったと伝えている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

IT人材不足解消の切り札「外国人エンジニア採用」という選択 【日本サード・パーティ】 ITスキルを正しく把握できている? スキルの可視化で的確な人材育成が可能に 【日本サード・パーティ】 優秀な外国人エンジニアはどうすれば確保できる? スキル評価で失敗しない秘訣 【日本サード・パーティ】 テレワークやBYODを低コストかつ安全に実現するシンクライアント活用術 【日本ナレッジ】 外部と内部からの高度な攻撃を阻止、攻撃ライフサイクルを遮断するポイントは? 【CyberArk Software】
人事管理システム 人事管理システム 人事管理システム シンクライアント ID管理
ITエンジニア不足が深刻化する中、アジア圏を中心とした海外からの人材登用に注目する企業が増えている。成功のため、押さえておくべきことは何だろうか。 ITスキルを正しく把握できている? スキルの可視化で的確な人材育成が可能に 優秀な外国人エンジニアはどうすれば確保できる? スキル評価で失敗しない秘訣 テレワークやBYODを低コストかつ安全に実現するシンクライアント活用術 外部と内部からの高度な攻撃を阻止、攻撃ライフサイクルを遮断するポイントは?
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20051142



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ