採用:クリアックス、クエステトラのワークフローを導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:クリアックス、クエステトラのワークフローを導入


掲載日:2013/10/22


News

 株式会社クエステトラは、クラウド型ワークフロー「Questetra BPM Suite」(Questetra)を株式会社クリアックスに導入したことを発表した。

 「Questetra」は、業務の流れをインターネット上に構築できるクラウド型ワークフロー製品。モデリング機能やモニタリング機能を標準装備しておりBPM製品(業務プロセス管理製品)とも呼ばれている。“業務の流れ”を ドラッグ&ドロップで描画設計できるため、単純な申請業務だけでなく、同時処理が求められる業務や複雑な条件分岐のある業務についても、その進捗や実績が把握できるようになる。

 クリアックスは、カラオケルーム、漫画喫茶、飲食店の経営を行なっており、経済情勢の変化や同業他社の動向を見て、新規出店・店舗改装に関係する意思決定を迅速に行なうことが重要だとしている。同社は運用・管理コストが増大していく一方で、効率化したい領域について、十分にシステム化が追いつかず“意思決定手続き”に大きな課題意識を感じていたという。

 同社では、“サーバやソフトを持たない”“様々な端末からアクセスできる”、と言うクラウド製品であることを重視し、“Google Appsと連携できるクラウド型ワークフロー製品”を検討していたという。「Questetra」は、複数部門長への並行承認依頼というような複雑な稟議フローもプロセスモデラで簡単に定義でき、ペーパーレスと意思決定の迅速化を図れると確信できたと伝えている。

 同社は、社内システムの利用申請をワークフロー化する際に同ワークフローを採用し、“意思決定手続のペーパーレス化”や“処理時間の短縮”などで、3倍のスピードで意思決定の手続きが完了するようになり、業務改善を図れたとしている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ワークフロー」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ワークフロー」関連情報をランダムに表示しています。

「ワークフロー」関連の製品

ExchangeUSEワークフロー 【富士電機】 ERP連携ワークフロー EXPLANNER/FL (FlowLites) 【NEC】 intra-mart ワークフロー 【NTTデータ イントラマート】 Webワークフローソフトウェア『MajorFlow』 【パナソニック ネットソリューションズ】 Business WorkFlow 【新日本コンピュータマネジメント】
ワークフロー ワークフロー ワークフロー ワークフロー ワークフロー
1700社以上の導入実績を誇るワークフロー専用パッケージ。複数会社運用、マルチベンダERP連携に対応。業務特化型〜汎用型ワークフローまで、全社申請業務を運用可能。 パラメータ設定メインの簡単操作、他システムとの優れた連携性、サーバ単位で導入できるコストメリットなどを特長とするワークフロー専用システム。 9年連続・国内シェアNo.1のワークフロー基盤。数十万人規模でも利用できるワークフロー基盤でありながら、部門の業務改善にも使える手軽さが特徴。 申請/承認の決裁だけではなく、「経費精算」における仕訳や計上処理、「勤怠」における集計など、業務改善を図る「ビジネスリフォーム機能」満載のワークフローシステム。 サーバライセンスでユーザ数に関係なく多彩な文書をWeb上で管理できるワークフローシステム。簡単操作で管理・運用ができる。中国語を含む多言語での運用実績もある。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20051136


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ワークフロー > ワークフローのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ