リコー、複合機との連携で高画質等図れるカラーコントローラ発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


リコー、複合機との連携で高画質等図れるカラーコントローラ発売


掲載日:2013/10/21


News

 株式会社リコーは、デジタルフルカラー複合機用プリンタユニットの新製品「カラーコントローラー E-22C」を10月29日に発売する。価格は71万円。

 「カラーコントローラー E-22C」は、米国Electronics For Imaging,Inc.(EFI)製の高性能Fieryコントローラを搭載し、フルカラー複合機「RICOH MP C6003/C5503/C4503/C3503/C3003」シリーズと連携して使用することで、先進的なカラーマネジメント機能や様々な編集機能を活用した高画質印刷を行なえる。また、A3ノビ用紙SRA3(12.6×17.7インチ)に対応し、A3原稿の仕上がり見本(カンプ)の出力時にトンボ印字を行なえる。

 Adobe純正のPostScript 3を搭載し、プロのニーズに対応する高品質な出力を行なえるほか、4800dpi相当×1200dpiの高解像度出力に対応し、文字や細線の微細な表現から写真やグラフィックまで、様々な要素を含むドキュメントを高精彩に印刷できる。また、重合法を利用したオイルレスの“カラーPxP-EQトナー”の均一な微粒子を利用して、きめ細かな高画質で出力できる。

 紙厚は52〜300g/平方メートル(45〜258kg)に対応しているほか、コート紙などの光沢のある紙種にも対応し、カタログやパンフレットなど様々なドキュメントも作成できる。また、EFIのユーティリティーソフト「Fiery Command WorkStation 5.4」を搭載し、日常の色補正から高度なICCプロファイルの編集まで高精度なカラーマネジメントを行なえる。

 キャリブレーション機能で色味の経時変化を補正でき、安定高画質で利用できる。Japan Color、DICなど複数のICCプロファイルが用意され、業界規格を適用することで、最終印刷物に近い色味で印刷でき、校正業務の負担軽減を図れる。


出荷日・発売日 2013年10月29日 発売
価格 71万円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20051120


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > 複合機 > 複合機のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ