freee、クラウド会計ソフトを消費税率8%対応版に無償で更新

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


freee、クラウド会計ソフトを消費税率8%対応版に無償で更新


掲載日:2013/10/21


News

 freee株式会社は、全自動のクラウド会計ソフト「freee」を、2014年4月1日に施行される消費税率8%への引き上げに対応したバージョンへ、無料でアップデートした。

 「freee」は、簿記の知識なしで簡単に使える、個人事業主や中小企業向けのクラウド型の会計ソフト。銀行やクレジットカードの入出金明細を自動で取り込み、記帳を自動化できる。青色申告ソフトとしても利用できる。

 今回、8%に対応した税区分が追加され、取引を登録できるようになった。各取引ごとに設定可能。消費税区分表で勘定科目別に登録された金額を確認できる。

 改正後の消費税申告書(8%)に関しては、内容が確定次第、無料でアップデートされる。2015年10月に予定されている8%から10%への引き上げについても、無料でアップデートされる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「会計システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「会計システム」関連情報をランダムに表示しています。

「会計システム」関連の製品

経費精算ワークフロー for SuperStream-NX 【キヤノンITソリューションズ】 資金流動性管理のベストプラクティス、グローバルで資金を“見える化”する方法 【キリバ・ジャパン】 交通費・経費精算クラウド 経費BankII 【SBIビジネス・ソリューションズ】 MJSLINK NX-I 【ミロク情報サービス】 財務の視点から見る、ITで競争優位を生み出すための7つの注力分野 【キリバ・ジャパン】
会計システム 会計システム 会計システム 会計システム 会計システム
会計・人事ソリューションSuperStreamと連携して利用でき、将来的な拡張も可能な経費精算の申請・精算のソリューション。 資金流動性管理のベストプラクティス、グローバルで資金を“見える化”する方法 交通費・経費精算をスマートフォンやWebで申請できるクラウドサービス。駅すぱあと連携、仕訳データ出力、FBデータ作成ができ、作業時間の短縮、効率化が可能。 上場準備を支えた影に会計システムあり。きめ細かな訪問指導で問題も解決。 財務の視点から見る、ITで競争優位を生み出すための7つの注力分野

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20051109


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 会計システム > 会計システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ