アシスト、BRMS製品とデータ連携ツール群を販売開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アシスト、BRMS製品とデータ連携ツール群を販売開始


掲載日:2013/10/21


News

 株式会社アシストは、BRMS(Business Rule Management System:ビジネスルール管理システム)「Progress Corticon」(開発元:米Progress Software Corporation)に関し、国内での総販売代理店として11月1日付けで販売を開始すると発表した。

 また、データ連携ツール群「Progress DataDirect」も同時に販売を開始すると伝えている。

 BRMSは、例えば消費税率の改正などの影響により変更されるビジネスルールと、そのプロセスを確立しているアプリケーションを個別に管理する仕組みであり、業務担当者がシステムを稼働したままコーディングレスでビジネスルールを変更できる。大規模開発における生産性向上や工数、コストの削減に寄与し、様々な業種業態の企業ニーズに適用でき、特に与信や保険加入審査が求められる金融業界、料金プラン変更が多い通信業界など、ビジネスルールが頻繁に追加、変更になるケースに効果を発揮するという。

 今回アシストでは、情報活用基盤の構築を支援する製品ラインアップ拡充策として、このBRMS製品の中から「Progress Corticon」の取り扱いを開始するほか、優れた応答時間とスループット、アプリケーション配布の時間短縮ができるデータ接続ツール群「Progress DataDirect」の販売及び支援サービスの提供も同時に開始するとしている。 



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

データ活用時代に生き残るための、新たなデータ分析基盤戦略とは 【システムサポート+他】 マルチチャネル時代に生きる、コールセンターの新たなCRM戦略 【バーチャレクス・コンサルティング】 ビジネスアナリティクス活用の課題は? 8つの指標で成熟度をチェック 【SAS Institute Japan】 顧客に最適なプランを通話中に生成――提案の受け入れを10倍にした分析手法とは 【SAS Institute Japan】 「在庫最適化システム」が抱える課題、販促時の大幅な需要変動にどう対応する? 【SAS Institute Japan】
CRM CRM データ分析ソリューション データ分析ソリューション 在庫管理システム
データ分析に注目していても、その基盤を整えるためのコストや手間が障壁となっている企業は多い。しかし手の届くDWHがあれば、データ活用時代に競争力を増せるはずだ。 コールセンターの顧客接点は電話やメールだけにとどまらない。顧客にまつわる情報共有を強化し、企業のCRM戦略に生かすためにはどのような環境構築が必要となるのだろう。 ビジネスアナリティクス活用の課題は? 8つの指標で成熟度をチェック 顧客に最適なプランを通話中に生成――提案の受け入れを10倍にした分析手法とは 「在庫最適化システム」が抱える課題、販促時の大幅な需要変動にどう対応する?
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20051094



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ