ディメンションデータ、BYODによるネットワーク利用について調査

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ディメンションデータ、BYODによるネットワーク利用について調査


掲載日:2013/10/21


News

 南アフリカ ディメンションデータは、BYOD(個人所有端末の持ち込み)によるネットワーク利用の激増とセキュリティ問題についての調査レポートを発表した。

 ディメンションデータは、アメリカ、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東、及びアフリカ地域の22ヵ国で、従業員250人以上の組織に所属する1622人のITプロフェッショナルに対してアンケートを実施したという。

 同レポートによると、82%に達する回答者が、自社の従業員が個人所有端末やアプリケーションを仕事に使用していると答えているにもかかわらず、モバイル端末に対応したアプリケーションのセキュリティ監査を実施しているのは32%だった。また、アンケート参加者の90%が、従業員が個人所有のモバイ端末で自社のエンタープライズシステムにアクセスするのを止めたくても、止めるのに必要な機能を備えていないと回答したと伝えている。これは、BYODとエンタープライズモビリティのサポートに起因するセキュリティ問題の解決にITリーダーが苦労していることを示唆するとしている。

 また、アンケートの対象となった1622名のIT意志決定者のうち、モビリティ向けネットワークポリシーを定義して実施していると答えたのは27%だったとし、約23%が生産性を向上させるために従業員が個人向けアプリケーションをダウンロードすることを許可していると答えたとしている。更に、アンケート対象企業の29%が、非従業員及びゲストが個人所有モバイル端末からその企業のネットワークへの限定的なアクセス権を得ることができると述べていると伝えている。

 一方で、IT部門が制御の権限を握って企業データを保護し、たとえばセキュリティ監査などによって個人所有端末の導入を管理できているケースは多くないとしている。回答者の71%以上が、経営陣は、従業員による個人所有モバイル端末の使用を、潜在的に危険でコストがかかり、ビジネス上重要ではないと見ていると述べていると伝えている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

情報連携支援 Qanat2.0 【JBアドバンスト・テクノロジー】 4つの具体例で学ぶ、Webデータベースで営業効率をアップする方法(UnitBase) 【ジャストシステム】 インシデント対応の自動分析・対処が可能 セキュリティ運用効率化の秘訣 【丸紅ITソリューションズ】 防御能力テストで分かった「未知なるサイバー脅威」に効く特効薬とは? 【Cylance Japan】 マンガ解説:例外なきサイバー攻撃、技術者不在の企業でも取れる対応策は? 【東日本電信電話】
EAI SFA 統合ログ管理 アンチウイルス アンチウイルス
企業内外(オンプレミス・クラウド)のさまざまなデータをノンプログラミングで簡単に他システムへ連携・変換し、業務の効率UP・運用コスト削減に貢献するデータ連携ツール。 4つの具体例で学ぶ、Webデータベースで営業効率をアップする方法 インシデント対応の自動分析・対処が可能 セキュリティ運用効率化の秘訣 防御能力テストで分かった「未知なるサイバー脅威」に効く特効薬とは? マンガ解説:例外なきサイバー攻撃、技術者不在の企業でも取れる対応策は?
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20051093



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ