NTTソフトウェア、CloudnにインターネットVPN接続など付加し提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTTソフトウェア、CloudnにインターネットVPN接続など付加し提供


掲載日:2013/10/21


News

 NTTソフトウェア株式会社は、NTTコミュニケーションズ株式会社が提供するパブリッククラウドサービス「Bizホスティング Cloudn」に、インターネットVPN接続や自動バックアップなどのサービスメニューを付加した「クラウドサポーターズ」のサービス提供を開始した。

 「クラウドサポーターズ」では、ユーザ専用のクラウド環境(プライベートクラウド)の構築や、その運用作業の効率化を図れ、安価にクラウド環境を利用できる。ユーザの社内ネットワークとCloudnをインターネットVPNで接続することで、ユーザ専用のクラウド環境(プライベートクラウド相当)を構築でき、自社内にサーバ群がある場合と同じように、クラウドを利用できる。

 Cloudnに関するファイアウォール機能の初期設定や更新など手間がかかる作業の代行や、同サービスが管理するサーバ機器の状態監視を行なう。障害発生時には、障害情報をメールでユーザのシステム管理者に自動通知する。ユーザは監視にともなう諸作業を回避でき、本来業務に専念できるようになる。また、標準機能の“ファイル共有”や“自動バックアップ機能”を利用することで、大切なデータを安全/確実に保管できる。

 提供価格は、初期費用が12万5000円から(接続用ルータを含む)、月額が2万5000円からで、ユーザのネットワーク環境、オプションサービスメニューなどにより変動がある。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「IaaS/PaaS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IaaS/PaaS」関連情報をランダムに表示しています。

「IaaS/PaaS」関連の製品

VMwareの移行先として「IBM Cloud」は本当に“使える”のか? 【日本アイ・ビー・エム】 SAPに最適なクラウドの活用法は? ニーズに合わせて見極めたい3つの選択肢 【日本アイ・ビー・エム】 クラウド基盤は何を基準に選ぶ?──IaaS・PaaS選びの「5つの要件」 【日本電気】 IaaS活用事例15選:タカラトミーが基幹システムの運用管理コストを20%削減 【日本電気】 パブリッククラウドで金融機関が求めるセキュリティに対応――事例に学ぶ導入法 【日本アイ・ビー・エム】
IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS
企業のクラウド導入が進む一方で、全てをクラウドネイティブに刷新することが正解とは限らない。既存環境を生かしながらクラウドのメリットを享受することはできるのか。 SAPに最適なクラウドの活用法は? ニーズに合わせて見極めたい3つの選択肢 クラウド基盤は何を基準に選ぶ?──IaaS・PaaS選びの「5つの要件」 IaaS活用事例15選:タカラトミーが基幹システムの運用管理コストを20%削減 パブリッククラウドで金融機関が求めるセキュリティに対応――事例に学ぶ導入法

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20051086


IT・IT製品TOP > データセンター > IaaS/PaaS > IaaS/PaaSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ