ユニテックス、全銀協対応のDVD/LTOの受入/返却システムを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ユニテックス、全銀協対応のDVD/LTOの受入/返却システムを発売


掲載日:2013/10/18


News

 株式会社ユニテックスは、企業等と銀行間でのデータ交換用DVDメディアとLTO(Linear Tape-Open)テープに特化し、内蔵システム制御装置にすべての機能を集約したオールインワンパッケージ型の、全銀協(一般社団法人全国銀行協会)対応メディア受入/返却システム「MCS3520」を発売する。価格は970万円から。

 「MCS3520」は、全銀協が新たに追加したデータ交換用光メディアであるDVD-RAM/DVD±RWに対応し、現在の主流メディアである3480/3490CMTやフロッピーディスクからの移行に利用できる。

 ハードウェア構成は、システム制御装置、200枚連続オートローダ、DVD/CDドライブ2台、DVD/CDレーベル印刷用プリンタ1台、LTOドライブ1台(システムバックアップ兼用)からなる。更に、MCS統合管理ソフトウェアや、ホストコンピュータとのデータ送受信を制御するデータ伝送ソフトウェア、全銀協フォーマット対応ソフトウェアなどのMCS機能が集約されていて、設置場所を問わず、コンパクトなワークエリアで運用できる。

 1回のメディア装填でDVD200枚の連続処理が可能で、月末/月初などピーク日の大量処理に対応できる。ユーティリティのファイルコピー機能も備え、DVD-LTOのメディア変換が可能。また、CMT/FD/MOなどのレガシーメディア対応のオプションドライブを組み合わせることで、旧メディアからスムーズに移行できる。

 容易に操作できるGUIと様々なオプションソフトウェアを利用できる。無作為に装填した光メディアをボリューム名で自動判別し、登録ジョブを実行するオプション「MCS JOBAuto DVD」を追加することで、オペレータ負荷の軽減とオペレーションミスの防止を図れる。


出荷日・発売日 −−−
価格 970万円〜

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20051077


IT・IT製品TOP > ストレージ > テープストレージ > テープストレージのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ