オージス総研、Office 365の認証機能強化するソリューション発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


オージス総研、Office 365の認証機能強化するソリューション発売


掲載日:2013/10/18


News

 株式会社オージス総研は、オープンソースをベースにしたソリューション「ThemiStruct」の機能強化を行ない、Microsoft Office 365の認証機能を強化する「ThemiStruct-WAM/CM for Office365」を発売する。

 「ThemiStruct-WAM/CM for Office365」では、ユーザの要望に応じてワンタイムパスワード(OTP)や電子証明書など、ビジネスユースで求められる様々なセキュリティ対策を組み合わせOffice 365に接続できる。“認証(WAM)”と“電子証明書発行(CM)”をOffice 365向けに最適化したことで、短期間での導入を図れる。

 認証の強化には、“電子証明書発行(CM)”から発行される電子証明書を利用した“電子証明書認証”や、メール配布型またはトークン自己生成型で発行されたパスワードを使用する“ワンタイムパスワード認証”を使用できる。また、ユーザが使用している“指紋認証”や“カード認証”などにも対応できる(カスタマイズ費用別途)。

 Office 365が標準で利用者に課す“ID・パスワード認証”に加え、“電子証明書認証”や“ワンタイムパスワード認証”を追加で課すことで、“知っている情報”に加え、“持っている情報”を使用して認証を行なえる。

 会社で許可された端末やセキュアブラウザに電子証明書を導入することで、未許可の私用端末などからOffice 365へのアクセスをシャットアウトでき、BYOD(従業員の私用端末の社内ネットワークへのアクセス・業務利用)にも対応できる。

 Office 365へのアクセスログを一元管理できるほか、部門単位・役職別などきめ細かい認証方法を設定でき、例えば、A部署社員にはID・パスワード認証のみ、B部署社員にはID・パスワード認証とOTP認証を行なうなど、柔軟な認証の組合せを利用できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

指ハイブリッド認証 【NEC】 ここまで進化した「セキュアWebゲートウェイ」 知らないと損する8つの特徴 【シマンテック】 DigiCert SSL/TLS サーバー証明書 【ソフトバンク コマース&サービス】 クラウドセキュリティ対策をワークフローで整理、弱点を補完するCASBの使い方 【シマンテック】 高水準SSLサーバ証明書 SureServer/SureServer EV 【ソフトバンク コマース&サービス】
認証 認証 認証 認証 認証
「指紋」と「指静脈」を組み合わせた複合型認証技術。非接触型指ハイブリッドスキャナ、OSログイン用ソフトウェア、アプリケーション組み込み用ソフトウェアなどで構成。 ここまで進化した「セキュアWebゲートウェイ」 知らないと損する8つの特徴 世界で高い実績を誇るDigiCertのSSLサーバー証明書を、国内で20年以上の経験を持つサイバートラストが提供。高い信頼性の証明書をコストや導入負荷を抑えて導入可能。 クラウドセキュリティ対策をワークフローで整理、弱点を補完するCASBの使い方 世界で高い評価を受けるSSLサーバ証明書。証明書の発行にありがちな煩雑な手続きを極力省き、確かな企業審査を行った信頼性の高い証明書をスピーディに発行する。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20051046


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ