CTC、クラウドのオプションサービスでDR・ジョブ管理などを開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


CTC、クラウドのオプションサービスでDR・ジョブ管理などを開始


掲載日:2013/10/16


News

 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(CTC)は、ITインフラ環境のクラウドサービス「cloudage ElasticCUVIC」のオプションサービスとして、DR(Disaster Recovery)、ジョブ管理環境、モバイルアクセス、データ消去報告書、仮想ファイアウォールの5つのサービスを開始した。また、ファイル転送ソフトウェアライセンスのオプションサービスを11月に開始する。

 「cloudage ElasticCUVIC」は、ITインフラの構築から運用・保守までをサービス化し、月額で提供するサービス。今回、オンプレミス型のインフラ環境で使用される様々なソフトウェアや機能として、6つのオプションサービスが開始される。

 「DR(Disaster Recovery)レベル1」では、CTCのデータセンタネットワークを使用して、遠隔でのデータ保管環境を構築できる。サイジング不要で、ユーザの「cloudage ElasticCUVIC」環境に合わせて構築される。「ジョブ管理環境」では、日立製作所のジョブ管理ソフトウェア「JP1」がライセンス提供されるほか、ソフトウェア保守サポートサービスや管理サーバ、稼働監視・障害対応もあわせて提供される。

 「モバイルアクセス」では、CTCの企業向けモバイルデータ通信サービス「CTCビジネスモバイル」と組み合わせて、モバイル端末と「cloudage ElasticCUVIC」間で企業向けの閉鎖ネットワークを構築する。「データ消去報告書」では、フィンランド・Blanccoのデータ消去ソフトウェア「Blancco LUN Eraser」を使用して、解約後のユーザのデータを消去し、証明書を発行する。

 「仮想ファイアウォール」では、Fortinetの仮想アプライアンス型ファイアウォール「FortiGate」が提供される。稼働監視・障害対応・ポリシー変更・QA対応サービスも含まれる。「ファイル転送ソフトウェアライセンス」では、セゾン情報システムズのファイル転送ソフトウェア「HULFT」のライセンスが月額で提供される。11月から提供が開始され、「cloudage ElasticCUVIC」上の環境と、企業が保有するオープン系サーバやメインフレーム間でのデータ連携を図れる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「IaaS/PaaS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IaaS/PaaS」関連情報をランダムに表示しています。

「IaaS/PaaS」関連の製品

「営業と話す前に購入判断済み」 変化を迫られる販売戦略 【日本マイクロソフト】 FIT-Cloudサービス 【北電情報システムサービス】 AWS導入事例:システム等の耐障害性と柔軟性を高めるには? 【クラスメソッド+他】 基幹業務システムの俊敏性と信頼性を最大化 クラウド移行の秘訣 【日本アイ・ビー・エム】 クラウドで成長率2倍 “第3のプラットフォーム”が握るチャンス 【日本マイクロソフト】
IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS
MSパートナーが語る 「全員マーケティング」がクラウドビジネスを成功に導く 自然災害の少ない富山県に立地する高信頼のデータセンターを活用したクラウドサービス。仮想化インフラの構築から運用管理までのトータルサービスで、BCP対策を支援。 AWS導入事例:ECサイトや社内システムの耐障害性と柔軟性を高めるには? 古い基幹システムの基盤を念願のクラウドに マネージドサービスの真価 クラウドメインで成長率2倍 “第3のプラットフォーム”が握るチャンス

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20051001


IT・IT製品TOP > データセンター > IaaS/PaaS > IaaS/PaaSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ