日本IBM、メインフレームのビッグデータ活用を効率化するDB出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本IBM、メインフレームのビッグデータ活用を効率化するDB出荷


掲載日:2013/10/16


News

 日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は、メインフレーム「IBM System z」シリーズのビッグデータ基盤ソフトウェアの新版となる、リレーショナルDB「IBM DB2 11 for z/OS」と階層型DB「IBM Information Management System(IMS)13 Transaction and Database Servers」の出荷を10月25日に開始する。

 「IBM DB2 11 for z/OS」は、経営に関する大量のデータの迅速な照会/分析に適したリレーショナルDBの新版。オンライントランザクション処理(OLTP)や分析で大量データを照会する時のパフォーマンスが向上している。また、汎用的なHadoop基盤と接続するインターフェースを装備し、非構造化データを含めたビジネス・データを取り扱える。

 アプリケーション単位で前バージョンの「DB2 for z/OS」に対応した仕様のままアプリケーションを稼働できるモードが追加されている。これにより、DBを次バージョンへ移行する際に、前のバージョンで稼働するアプリケーションとの互換性をともなわない仕様があった場合にも、段階的にアプリケーションの改良を含む移行が可能になるなど、開発や運用保守の負担を軽減できる。更に、Netezzaテクノロジーを活用したアナリティクス基盤を「System z」の分析機能の一部として連携させるオプションを導入することで、更に大量のデータの分析や、分析時のシステム負荷の分散が可能になる。

 「IBM IMS 13 Transaction and Database Servers」は、会計/経理/財務などを扱う勘定系システムでの、高速/大容量のデータのトランザクション処理に特化した階層型DBの新版。1秒あたり最大10万トランザクションを超えるパフォーマンスを達成しているほか、CPU使用量が削減されているなど、より少ないシステム資源で大量のデータをより高速に処理できる。また、データへのアクセスで、オープンソースの統合開発環境“Eclipse”を活用し、リレーショナルDBと同じSQL言語で対応できる範囲がJavaに加えCOBOLにも拡張されていて、汎用的なDBの技術者でも容易に管理/運用できる。更に、システムを停止せずにDBの構成を変更できる機能が追加されていて、システムの計画停止の頻度低減を図れる。


出荷日・発売日 2013年10月25日 出荷
価格 お問い合せ下さい

「日本アイ・ビー・エム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「データベースソフト」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「データベースソフト」関連情報をランダムに表示しています。

「データベースソフト」関連の製品

UnitBase 【ジャストシステム】 情シス部門なしで挑んだワークフロー電子化、2000枚の書類作業をゼロに 【ジャストシステム】 UnitBase 【ジャストシステム】 【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase 【ジャストシステム】 UnitBase 【ジャストシステム】
データベースソフト データベースソフト データベースソフト データベースソフト データベースソフト
17倍になった申込件数でExcel処理が間に合わない たった3カ月で解決した方法 情シス部門なしで挑んだワークフロー電子化、2000枚の書類作業をゼロに Excelの処理では間に合わない……管理を統一し、業務フローを革新した成功例 ユーザー部門のシステム自前導入は危険 Webデータベース導入で運用を改善 ノンプログラミングで業務DBを構築 担当者不在でも漏れのない対応を実現

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20050996


IT・IT製品TOP > サーバー > データベースソフト > データベースソフトのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ