NTTソフトウェア、送信後も情報漏洩防止できるファイル共有発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTTソフトウェア、送信後も情報漏洩防止できるファイル共有発売


掲載日:2013/10/16


News

 NTTソフトウェア株式会社は、取引先に送信する電子ファイルに印刷制限や有効期限などを設定し、送信済みでも情報漏洩を防止するソフトウェア製品「WatchDox」の日本語版を10月31日に発売する。

 「WatchDox」では、電子ファイルの保護と利用状況の追跡を行なえるファイル共有ソリューションを提供する。ファイルを暗号化する上、“編集・印刷・コピー・有効期限”などの制限を付与して保護できるほか、閲覧や転送など、ファイルがどのように利用されたかを操作履歴から追跡できる。送信済みファイルの保護機能を利用することで、情報漏洩対策の向上を図れる。開発は米国WatchDoxが行ない、日本での販売・サポートはNTTソフトウェアが行なう。

 情報発信者だけに課金され、情報閲覧者は無料で利用できる(1つのファイルを100人以上に配布するような場合は、別途問い合わせ。)。なお、標準価格は、クラウドサービスの場合、最小構成(50ユーザ、300GBの記憶領域)で年額120万円から。


出荷日・発売日 2013年10月31日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ファイル共有」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ファイル共有」関連情報をランダムに表示しています。

「ファイル共有」関連の製品

名刺は「企業の宝」、その利活用がもたらす3つのメリットとは何か? 【Sansan】 「建前からの脱却」で生産性向上――働き方改革実現に必要な風土改革とは? 【Sansan】 「残業するな」は逆効果? 経営をプラスに導く働き方改革のポイント 【Sansan】 ビジネスを変える、デジタルトランスフォーメーション推進のための方策とは? 【Sansan】 クラウドコンテンツ管理 「ShareBase」 【Hyland Software】
ファイル共有 ファイル共有 ファイル共有 ファイル共有 ファイル共有
名刺は「企業の宝」、その利活用がもたらす3つのメリットとは何か? 「建前からの脱却」で生産性向上――働き方改革実現に必要な風土改革とは? 「残業するな」は逆効果? 経営をプラスに導く働き方改革のポイント ビジネスを変える、デジタルトランスフォーメーション推進のための方策とは? 監視、管理を徹底し、セキュアな情報共有、コラボレーション促進を実現するクラウドコンテンツ管理。セキュリティを確保しつつ、ストレスなく手軽にファイルを共有できる。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20050960


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > ファイル共有 > ファイル共有のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ