採用:千代田化工建設、SAPの基幹業務システムを導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:千代田化工建設、SAPの基幹業務システムを導入


掲載日:2013/10/15


News

 SAPジャパン株式会社は、千代田化工建設株式会社が、同社グループの中期経営計画を支える管理基盤として、「SAP ERP 6.0」を導入したことを発表した。

 千代田化工建設グループでは、2013年〜2016年の中期経営計画における基本戦略の1つとして、“データマネジメントインフラの整備と運用”を掲げているという。今回、このデータマネジメントを実行するための基盤システムとして、本社とカタールの関連会社であるChiyoda Almana Engineering LLCで「SAP ERP」を導入し、4月より運用を開始したと伝えている。

 SAPジャパンによると、エネルギー需要の構造変化、競争環境の激化、新興国の台頭など、ビジネスを取り巻く環境が変化している。そのような中、千代田化工建設は、特に海外の売上が7割を占める同社の事業の推進において、管理会計や財務会計だけでなく、プロジェクトマネジメント力の強化、業務のグローバル化などの、10年後を見据えた経営基盤の再構築が経営の重要なテーマであるとしている。同時に、IFRS(国際財務報告基準)に即した会計処理対応を連結ベースで可能にすることを検討していたという。

 この背景の下、千代田化工建設は、2010年後半にビジネスプロセスの見直しと、次期中期経営計画を支える基盤となる新システム構築の検討を開始し、複数社のシステムのプランを検討した結果、新システムを2013会計年度から稼働させることを目標としてシステム導入を2011年7月に決定したという。基幹システムには、グローバルでの導入実績やビジネスパートナーの層の厚さなどが決め手となり、「SAP ERP」の導入を決定したとしている。同年8月より構築を開始、プロジェクト管理システムや各種IT運用ツールとのインテグレーションなどを強化するために計画拡張を行ない、計画通り2013年4月の2社本番稼働に至ったと伝えている。

 今後は、国内の主なグループ会社でも2015年の稼働を目指して導入を進めていき、海外導入に向けては3〜6カ月の短期間でシステムを稼働させるためのテンプレート作成も進めているという。

 今回、千代田化工建設は、「SAP BusinessObjects BI Platform 4.0」などの分析ツールも導入しており、データマネジメント基盤が構築できたことで、収集したデータを今後様々な業務に活用していくと伝えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

GRANDIT 【GRANDIT】 大企業の大規模投資に負けない、売れる仕掛け作りのキモ 【SAPジャパン株式会社】 Microsoft Dynamics NAV (ERP/基幹システム) 【パシフィックビジネスコンサルティング】 ERPの重い保守費用をズバッとカットする「クラウドERP」を選ぶべき理由 【日本マイクロソフト】 実は見落とされがち……新興企業の爆速成長に必要不可欠な要素とは 【日本オラクル】
ERP ERP ERP ERP ERP
経理、債権、債務、販売、調達・在庫、製造、人事、給与、資産管理、経費モジュールで構成された完全WEBの次世代ERP。ワークフロー、通知機能、BIを装備し内部統制を支援。 大企業の大規模投資に負けない、売れる仕掛け作りのキモ 世界150ヵ国で11万社以上の導入実績。126言語、43ヵ国以上の商習慣に対応したマイクロソフトの中堅・中小企業向けグローバルERP。直感的な操作性と高い柔軟性が特長。 長らく使い込んできたERPの保守費用が成長への投資の足かせになる、という状況に苦しむ企業は少なくない。保守費用を適正化する1つの方法は「クラウドERP」への乗り換えだ 斬新な発想と圧倒的なスピードを武器に、新興企業でも市場を席巻できる時代が到来した。しかし急成長を狙う前に、バックオフィスの重要性を再認識しておく必要がある。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20050937


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ