ソフトバンクテレコムなど、グローバルM2Mソリューションを開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ソフトバンクテレコムなど、グローバルM2Mソリューションを開始


掲載日:2013/10/11


News

 ソフトバンクテレコム株式会社とソフトバンクモバイル株式会社は、国内外で事業を展開する企業向けに、車両・機械や設備などを遠隔で監視・制御する機器間通信(M2M)を総合的にサポートするサービス「ソフトバンク M2M ソリューション プログラム(SMSP)」を開始した。

 「SMSP」では、M2Mを利用するための、センサネットワークの構築から、通信回線・機器調達、データ収集、利活用、機器ネットワークの保守管理やコールセンタ業務までをサポートすることで、手間と初期投資を抑えられ、保守運用などのランニングコストや手間の軽減を図りながらスピーディに導入できる。

 ソフトバンクモバイルやウィルコムの回線をコアに、各サービスレイヤでM2Mアライアンス・パートナーとのエコシステムを利用して、企業のM2Mシステムの構築や運用をサポートするほか、世界約200の国や地域で利用できるグローバルでのモバイル回線やセキュアな国際通信ネットワーク(IP-VPN)も提供する。また、各種センサ機器から収集した大量の情報を活用するビッグデータ分析活用サービスがオプション提供される。

 センサ機器同士をつなぐエリア ネットワーク構築をサポートするほか、通信モジュールやモデム機器を調達するなど、ユーザのM2Mシステムに適した通信環境が提供される。センサネットワークとサーバをつなぐ回線は、モバイル回線やIP-VPNを利用したセキュアなデータネットワークから適切な環境が提供されるほか、グローバルなコネクティビティは、国際ローミングサービスで約200ヵ国・地域に対応する。

 回線管理機能が提供され、回線のサービス状態を確認できるほか、サービスのアクティベーションや停止、通信履歴のレポート機能が提供され、システム管理の利便性向上や回線の効率運用を図ることで、通信コストの低減を支援する。また、収集したデータを加工し“見える化”するためのアプリケーションや、センサ機器を制御するためのソフトウェア、レポート生成などがクラウド型で提供される。

 収集・蓄積されたビッグデータは、ユーザの要望に応じて分析・解析してフィードバックされる。また、通信機器のキッティングやデリバリ、ネットワークの保守・サポートサービスやBtoCのコールセンタの受託業務などが提供されるほか、決済代行サービスが提供され、課金・請求・回収の業務が代行される。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「システムインテグレーション」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「システムインテグレーション」関連情報をランダムに表示しています。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20050901


IT・IT製品TOP > 開発 > システムインテグレーション > システムインテグレーションのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ