JEITA、“ITを活用した経営に対する日米企業の相違分析”を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


JEITA、“ITを活用した経営に対する日米企業の相違分析”を発表


掲載日:2013/10/11


News

 一般社団法人 電子情報技術産業協会(JEITA)のソリューションサービス事業委員会は、IDCジャパン株式会社と共同で“ITを活用した経営に対する日米企業の相違分析”を実施し、結果を発表した。

 “ITを活用した経営に対する日米企業の相違分析”は、6月〜7月の調査期間に、企業戦略を担う経営層や事業部門などの“非IT部門の責任者”を対象とした調査を行ない、ITに対する“ユーザとしての期待、評価”を明らかにしたもの。Webアンケートでは、日本企業216社、米国企業194社、ヒヤリング調査では、日本企業5社、米国企業2社の回答を得たとしている。

 同調査の結果によると、日米両国のITに対する期待や認識に大きな違いがあることが明らかになった。特に、“IT/情報システム投資”に対する姿勢では顕著な違いが出たとし、米国では“きわめて重要”が75%である一方、日本は16%だったと伝えている。また、ITに対する期待では、日本企業が“ITによる業務効率化/コスト削減”をトップに挙げているのに対し、米国は“製品やサービス開発強化”がトップ、これに“ビジネスモデル変革”が続いたとしている。

 ITがもたらした効果については、日本は“社内業務効率化/労働時間減少”(44%)、“社内情報共有の容易化”(41%)が上位2つだったのに対し、米国は“製品・サービス提供の迅速化・効率化”(54%)に“社外情報提供の効率化、提供量増大”(34%)が続いたと伝えている。

 今後のIT予算については、米国は80%が”増える傾向”としたのに対し、日本は“増える”が40%、“変わらない”が50%だったとしている。

 今後ITに期待する項目については、日米ともに従来から変わっていく傾向が見受けられたと伝えている。日本は“社内業務効率化”(35%)がトップであるものの、“市場環境の変化に対する迅速な対応”(32%)など、“外部への働きかけ”にITを利用する傾向が見て取れるとしている。米国においても“製品・サービス提供の迅速化、効率化”(45%)がトップだが、“顧客の嗜好やニーズの把握”(26%)などが順位を上げていて、ビッグデータやソーシャルメディアの利用が進むことを想起させると伝えている。

 一方で、クラウドやビッグデータについて、日本は“聞いたことがない/知らない”が20%以上だったのに対し、米国では1桁台以下だったとしている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

ワークフローシステム構築ツール 『Web Plant』 【キヤノンITソリューションズ】 会議中のクリアな音質に着目、「雑音除去機能」の効果を徹底検証 【ポリコムジャパン】 コンタクトセンター立ち上げの「10の鉄則」 トラブルをなくすプロジェクト管理 【富士通】 セキュリティ担当者なら誰もが悩む「3つの課題」の対処法とは? 専門家が議論 【シマンテック】 「オフィスソフト」に関するアンケート 【NTT東日本(東日本電信電話株式会社)】
ワークフロー テレビ会議/ビデオ会議 プロジェクト管理 アンチウイルス オフィスソフト
多機能なフォーム・複雑なフローを、GUIで簡単に開発可能なワークフロー構築ツール。柔軟なシステム連携を実現でき、自社ルールに合致したワークフローを構築可能。 会議中のクリアな音質に着目、「雑音除去機能」の効果を徹底検証 コンタクトセンター立ち上げの「10の鉄則」 トラブルをなくすプロジェクト管理 インシデントにどう対処するか。社内の理解をどう得るべきか――。専門家のディスカッションを基に、セキュリティ担当者が抱く課題の解決策を探る。 「オフィスソフト」のアンケート4問に回答して【ギフト券10万円分】を当てよう
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20050892



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ