採用:ダイフク、日本IBMのコミュニケーションソフトを採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:ダイフク、日本IBMのコミュニケーションソフトを採用


掲載日:2013/10/10


News

 日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は、株式会社ダイフクのコミュニケーション基盤に、IBMのコミュニケーション・コラボレーション・ソフトウェア「IBM Notes/Domino 9.0 Social Edition」が採用され、8月に稼働が開始されたことを発表した。

 ダイフクは、2月に策定した新中期4ヵ年経営計画では、グローバルにおける事業展開の拡大を掲げており、ICTによる事業強化や、社員の意識改革に取り組んでいるという。今回新たに導入、展開するコミュニケーション基盤は、このビジョンの確立に求められるコミュニケーションや情報共有の効率化、活性化への支援が期待されていると伝えている。

 ダイフクはこれまでも、メールやスケジュール共有などのコミュニケーション・ツールとして、また部門やプロジェクトなどでの情報の共有や保管、各種社内申請のワークフローなどに、「Notes/Domino」を利用しており、今回新たに構築するコミュニケーション基盤においても、従来の「Notes/Domino」のDBやアプリケーションをそのまま活用できる点を評価し、「IBM Notes/Domino 9.0 Social Edition」の採用に至ったとしている。

 スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末から「Notes/Domino」を利用するため、「IBM Notes Traveler」を新たに導入しているという。営業や保守の部門などから要望が多かったモバイル対応の実装により、外出先などでも求める情報の活用が促進されることで、顧客対応などビジネスの迅速化が期待できるという。

 また、特に海外拠点との手軽なコミュニケーションをサポートするための、ソーシャル環境の構築、展開に着手し、リアルタイム・コラボレーション・ソフトウェアの「IBM Sametime」による在席確認や文字、画像、音声など様々な情報の簡単なやり取りの確立、ソーシャル・ソフトウェア・プラットフォーム「IBM Connections」の複数メンバーによるタスク管理と、プロフィール共有や社員の自発的な情報交換の場としてのコミュニティ展開などを視野に入れて、社内ソーシャル環境を2013年中に構築し、コミュニケーション基盤との連携を進めていくとしている。このコミュニケーション基盤は、今後20に及ぶダイフク・グループの海外拠点にも順次展開されるという。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「グループウェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「グループウェア」関連情報をランダムに表示しています。

「グループウェア」関連の製品

intra-mart Accel Platform 【NTTデータ イントラマート】 事例で検証! Office 365 は頻繁な組織変更にも対応できるか? 【ソフトバンク・テクノロジー/日本マイクロソフト】 MajorFlowクラウド 【パナソニック ネットソリューションズ】 「desknet's NEO」のASPサービス J-MOTTOグループウェア 【リスモン・ビジネス・ポータル】 Garoon on cybozu.com 【サイボウズ】
グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア
JavaEEフレームワークをベースにワークフロー/ポータル/アクセスセキュリティ/モバイルなど業務コンポーネントを揃えたシステム共通基盤/PaaS。ハイブリッドクラウド対応。 面倒なメール整理・削除からの解放 Office 365で運用者と利用者の手間を削減 会計ソフトやグループウェアと連携して、経費精算や出退勤打刻の機能を提供。経理や人事の作業負担軽減を実現しつつ、現場社員や経営層にも役立つ機能も搭載。 305万人以上のユーザが利用するグループウェア「desknet's NEO」のクラウドサービス版。導入実績4000社以上。メール/スケジュール/ワークフローなど、全25機能が利用可能。 企業内コミュニケーションの活性化を支援するクラウド型グループウェア。ユーザの使いやすさに加え、大規模環境でも臨機応変に対応できる管理性を備えている。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20050850


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ