KELとデル、OpenFlow市場拡大に向け協業開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


KELとデル、OpenFlow市場拡大に向け協業開始


掲載日:2013/10/10


News

 兼松エレクトロニス株式会社(KEL)とデル株式会社は、SDN(ソフトウェアで実現するネッワークのコンセプト)/OpenFlowプロトコル(Open Networking Foundationという業界団体が標準化を進めてるプロトコル)を活用したオープンなネットワーク環境の市場拡大に向けた協業を開始することを発表した。

 今回の協業は、KELが取り扱うNEC製OpenFlowコントローラ「UNIVERGE PF」シリーズとデルのOpenFlowスイッチ「Force10」の組み合わせでOpenFlow市場拡大に向け協力し合うと伝えている。

 両社は、クライアント/サーバ/ストレージの各種レイヤでは仮想化技術が進み、統合化・集中管理など仮想化のメリットを享受できている一方、まだネットワークレイヤではそれが実現できていないとし、それに対する答えの1つとしてSDNが注目されていると伝えている。

 また、SDNを可能にするためのネットワークにおいては、OpenFlowコントローラとOpenFlowスイッチに期待が集まっているとし、各OpenFlowスイッチは、OpenFlowコントローラの配下に入り集中管理することで、ネットワーク全体の統合化・構成変更などが可能になり、OpenFlowコントローラの設定変更をすることで、各種OpenFlowスイッチがそれに対応して連携する仕組みとなるため、従来かかっていた個別の物理スイッチ/ルータの設定にかかる作業工数が削減できることが期待されているとしている。

 KELは、総合IT基盤検証センタのKCCEを運営していてるほか、マルチベンダとして異なるメーカー間の接続性が特長の統合インフラソリューションを提供している。今回の共同検証では、今まで培ってきた異なるメーカー間の接続技術のノウハウ、マルチベンダ/マルチレイヤーでの提案力で同取り組みに注力すると伝えている。

 デルは、エンド to エンドのソリューション・プロバイダとして、クラウド事業者及び企業データセンタ向けネットワークスイッチ製品の販売を行なっている。今回の検証においては、OpenFlowをサポートする高密度10Gスイッチである「S4810」と技術情報を提供し、相互接続検証のフィードバックをアメリカ本社の技術陣へもたらし、相互接続性をマルチベンダ環境で高めていくことで、SDNソリューションの拡大に貢献するとしている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

ワンタッチでビデオ会議を開始、「Skype for Business」をさらに効率化する方法 【ロジクール+他】 未知の脅威からの被害を防ぐ、セキュリティの新コンセプト「SDSN」とは 【ジェイズ・コミュニケーション】 「秒速スタート」は当たり前、今日から始める次世代のWeb会議 【ロジクール+他】 「無停止型サーバ」導入事例、性能向上と運用保守工数の削減を両立するには? 【日本ストラタステクノロジー】 低コストでマルウェア感染を防ぐ――目視を組み合わせた標的型メール攻撃対策 【クオリティア】
Web会議 ファイアウォール Web会議 サーバー仮想化 メールセキュリティ
ワンタッチでビデオ会議を開始、「Skype for Business」をさらに効率化する方法 未知の脅威からの被害を防ぐ、セキュリティの新コンセプト「SDSN」とは 国内外に複数の拠点を持つ企業なら欲しいWeb会議システム。しかし、導入しても使い方が複雑となると、せっかくの投資効果が台無しだ。どういう製品を選べばいいのか。 「無停止型サーバ」導入事例、性能向上と運用保守工数の削減を両立するには? 低コストでマルウェア感染を防ぐ――目視を組み合わせた標的型メール攻撃対策
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20050836



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ