富士通、様々な大量データを高速に収集/加工できるソフトを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通、様々な大量データを高速に収集/加工できるソフトを出荷


掲載日:2013/10/09


News

 富士通株式会社は、様々な大量データを高速に収集/加工して統合するソフトウェアの新エディション「FUJITSU Software Interstage Information Integrator Enterprise Edition V11」の出荷を10月に開始する。

 今回の新エディションでは、日次/週次/月次の売上データなど蓄積した情報の傾向を分析して施策を立案する従来の形態に加え、現場で発生している最新データを収集/統合して、需要の変化を予測した販売施策や店舗間の在庫融通など、リアルタイムに情報を利活用できる。

 米国Syncsort社の「DMExpress」の高速データ加工技術と、富士通の高速データ転送技術が融合されている。遠隔地や通信回線の品質が低い地域からでも大量のデータを短時間で収集し、基幹系データを様々なデータと組み合せて高速に加工できる。

 「FUJITSU Software Symfoware Server」「Oracle Database」「Microsoft SQL Server」「SAP Sybase IQ」など12種類以上の主要なDB/DWHや、SAPをはじめとするERPなどと連携できる。GUIの定義ベースで、既存の業務システムに影響を与えずにデータ活用の基盤を構築できる。

 「FUJITSU Software Interstage Business Analytics Modeling Server」などのBAツールを使った専門的な分析から、スマートデバイスを使った現場業務での情報の見える化まで、情報利活用を図れる。パートナーの製品やPostgreSQLなどのOSSと連携し、様々なビッグデータ活用ソフトウェアと組み合わせたエコシステムとして、業務に合わせたシステムを構築できる。

 エントリーサーバからハイエンドサーバまで、またオンプレミスからクラウド環境まで、プラットフォームの特性に応じた性能を引き出せる。ハードウェアのリソースや入力データの形式を分析し最適な割り当てを自動計算し、最も効率的にマルチコアで並列実行できる。データの量や種類の増加に応じてハードウェアリソースを増強しても、高度なチューニング不要で利用できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「ETL」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ETL」関連情報をランダムに表示しています。

「ETL」関連の製品

BusinessSPECTRE 【電通国際情報サービス】 データ統合プラットフォーム Informatica PowerCenter 【インフォマティカ・ジャパン】
ETL ETL
SAP ERPに格納された大量のデータを素早く抽出し、様々な用途に活用するためのデータ連携フレームワーク。会計・販売レポートや経営分析、他システム連携などに活用可能。 優れた拡張性と高パフォーマンスを兼ね備えたエンタープライズデータ統合ソリューション。あらゆるシステム上のデータを、形式を問わずにシームレスに統合する。

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20050831


IT・IT製品TOP > データ分析 > ETL > ETLのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ