ノベル、プライベートクラウドの展開・管理を容易にする製品提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ノベル、プライベートクラウドの展開・管理を容易にする製品提供


掲載日:2013/10/09


News

 ノベル株式会社は、SUSEの商用サポート・プライベートクラウド・ソリューションの新版「SUSE Cloud 2.0」の提供を開始する。

 「SUSE Cloud」は、OpenStackを採用し、IaaS(Infrastructure as a Service)レベルのプライベートクラウド環境を迅速に構築でき、容易に運用管理できる、自動化されたクラウド管理プラットフォーム。今回の新版は、OpenStack Grizzlyをベースにしていて、ハイパーバイザ混在のプライベートクラウド環境を迅速に構築でき、容易に管理できるため、ビジネスの俊敏性向上、ITコストの低減を図れる。

 企業がプライベートクラウドを構築する際、OpenStackのパワーを容易に活用することを目的に開発されていて、プライベートクラウド設定を行なう管理者の時間を節約でき、その手順を簡素化できる。インストール用フレームワークが改善されたことで、KVM/Xen/Microsoft Hyper-V/VMware ESXiをハイパーバイザ環境で容易に併用でき、柔軟にクラウド環境を構築できる。また、テクニカルプレビューとして、VMware ESXiも統合している。

 ハイパーバイザ混在のクラウド環境に対応し、柔軟に複数ハイパーバイザを併用でき、ワークロードのパフォーマンスとライセンスコストの最適化を図れる。インストール・プロセスが強化され、オープンソースのデプロイメント・フレームワーク“Crowbar”新版と統合されたことで、拡張性が強化され、ユーザインターフェースが向上している。

 OpenStack Block Storage/OpenStack Networkingをサポートし、仮想マシンレベルで永続的なブロックストレージ機能を提供でき、選択肢を増やせる。SUSE Cloudのネットワーク機能を補完するほか、APIを利用した高度なネットワーク・トポロジを構築でき、高度なネットワークサービスを作成できる。また、クラウドベースのアプリケーションの容易な構築と管理を図れるツールのSUSE StudioやSUSE Managerとの統合が改善され、プライベートクラウドやパブリッククラウドで利用するためのアプリケーションを迅速に修正できるほか、クラウドの内外のLinux環境を効率的に維持・監視できる。

 CephとCeph Rados Gatewayのテクニカルプレビューが同梱され、SwiftやAmazon S3(Simplified Storage Service)互換のAPIを通じて、冗長化されたオブジェクト・ストレージへのアクセスを提供する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「サーバー仮想化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「サーバー仮想化」関連情報をランダムに表示しています。

「サーバー仮想化」関連の製品

ゆうちょ銀行が財務会計システム刷新、オールフラッシュで業務スピードアップ 【日本アイ・ビー・エム】 ハードはどこから刷新すべき? 課題別の製品選びでIT環境を改善 【レノボ・ジャパン】
サーバー仮想化 サーバー仮想化
ゆうちょ銀行が財務会計システム基盤にオールフラッシュストレージを採用。安定稼働するアプリケーションはそのままに、3つの「プラスα」を実現した導入事例を紹介する。 ハードウェア刷新、どこがボトルネック? 解決法が一覧で分かる

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20050829


IT・IT製品TOP > サーバー > サーバー仮想化 > サーバー仮想化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ