ユニテックス、BD/LTO対応ディスクパブリッシングシステム発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ユニテックス、BD/LTO対応ディスクパブリッシングシステム発売


掲載日:2013/10/09


News

 株式会社ユニテックスは、ネットワーク対応でLTOドライブ内蔵のBDディスクパブリッシングシステム「ODA2020 HYBRID」を発売する。価格は340万円から。

 「ODA2020 HYBRID」は、データ書込み用ドライブとして、長期保存ハイクオリティメディア対応のBDドライブ2台に加え、LTO5ドライブも搭載しているため、データの種類や用途に応じて保存先を選択する運用に対応できる。1ファイルの容量が大きい動画や画像データは大容量のLTOメディアへ、長期保存が必要なデータは保存環境の影響を受けにくいBDメディアへ、といった使い分けが可能になる。また、1回のメディア装填でデータ書込みからラベル印刷まで200枚連続で一括作成でき、連続読込みにも対応している。

 LTO5−BDメディア間でのファイルコピーが可能。内蔵するLTO5はLTFS(Linear Tape File System)に対応し、複数枚の光メディアから1本のLTO5メディアへの自動連続ファイルコピー、または1本のLTO5メディアから複数枚の光メディアへのファイルコピーを行なえる。また、LTFSで保存されたデータは、Windows環境に加えLinux/Mac環境でも共有できる。

 光メディアラベル印刷用インクジェットプリンタ1台と制御用PCを標準搭載し、単独でネットワークに接続できる。制御用PCはサーバ機と同等の信頼性を備え、内蔵ディスクにはSSDを採用しているほか、搬送機構はMCBF(Mean Cycle Between Failure)10万回以上を達成していて、信頼性に優れている。

 GUI操作で使える基本ソフトウェアと、暗号化などの各種オプションソフトウェア、上位アプリケーションとの連携を可能にするSDK(ソフトウェア開発キット)が提供される。


出荷日・発売日 −−−
価格 340万円〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20050828


IT・IT製品TOP > バックアップ > テープバックアップ > テープバックアップのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ