双日システムズ、VMwareの販売パートナーで最上位レベルに昇格

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


双日システムズ、VMwareの販売パートナーで最上位レベルに昇格


掲載日:2013/10/09


News

 双日システムズ株式会社は、ヴイエムウェア株式会社の販売パートナーで最上位レベルとなる“VMware ソリューション プロバイダ プレミアパートナー”に昇格したと発表した。

 VMware ソリューション プロバイダ プレミアパートナーは、ヴイエムウェアが認定するパートナー制度。販売パートナーであるVMware パートナープログラムには、プレミア、エンタープライズ、プロフェッショナルの3資格があり、プレミアは最上位資格になっている。資格の取得には、1年以上のVMwareエンタープライズパートナー及びVMware認定コンサルティングパートナーであることが条件となるという。

 双日システムズは、2012年9月に「VMwareThinApp」によるアプリケーション仮想化ビジネスに本格参入して以来、株式会社水登社や双日マシナリー株式会社などに導入してアプリケーション仮想化の実績を積み重ねてきたという。一方でヴイエムウェア、日本マイクロソフト株式会社、及びソフトバンクBB株式会社と仮想化ビジネス分野における協業を推進し、2014年4月にサポート終了を迎えるWindows XPからWindows 7/8へのアプリケーション移行支援サービスに取り組んできたと伝えている。その結果、2013年4月中旬から2013年9月末までの期間にて、同分野における案件数及び売上予定額は当初見込みの3倍以上に拡大するに至り、今回のプレミアパートナーへの昇格となったという。

 加えて、エンドユーザコンピューティング分野へのビジネス拡大もしており、「VMware Horizon Mirage」を活用したWindows XPからWindows 7へのOS/データ自動マイグレーション及びクライアントPCの自動バックアップを行なう仕組みを株式会社メタルワン鋼管にて構築するなど、実績に繋がっていると伝えている。

 双日システムズは、今回の昇格を機に、ヴイエムウェアのトップクラス・パートナーとして「VMware ThinApp」と互換ブラウザ「thinforie」の組み合わせで差別化を図り、Windows XPユーザのアプリケーション移行に関わる需要に対応していくとしている。また、ヴイエムウェアとのアライアンスも強化し、同社のソリューションであるエンドユーザコンピューティング分野へのビジネスも加速させていくと伝えている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

テストツール活用事例――年2回のリリースサイクルが月1回へ 【日本シノプシス】 実践から見えてきた、ワークスタイル変革に本当に必要なこと 【日立システムズ+他】 仮想デスクトップインフラ(VDI)のナゼ?困った!をプロが解説 【日商エレクトロニクス】 VDI成功の3条件を実現する「転ばぬ先のアセスメント」 【日商エレクトロニクス】 NTT西日本の大規模DaaS、レスポンス悪化の原因を10分で特定するVDI監視技術とは 【日商エレクトロニクス】
テストツール 無線LAN VDI VDI VDI
テストツール活用事例――年2回のリリースサイクルが月1回へ IT製品を買うだけで「ワークスタイル変革」が実現するのではない。しかし、働き方全体のデザインを考えると、おのずと必要なものが見えてくるという。その真意を取材した。 大規模VDIの導入は、ユーザーから「使いものにならない」といった不満が出やすい。問題は見積もりや設計にあるのか、あるいは……。プロがこっそり語る裏事情をレポート。 VDIサイジング”あるある” 導入を失敗しないための切り札とは NTT西日本の巨大DaaS基盤を支える運用監視技術に迫る
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20050799



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ