CA Technologies、米独立系調査会社よりリーダー評価を獲得

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


CA Technologies、米独立系調査会社よりリーダー評価を獲得


掲載日:2013/10/09


News

 米CA Technologies社は、米独立系調査会社のフォレスター・リサーチ社が発表したレポート“The Forrester Wave:Identity and Access Management Suites,Q3 2013”の総合評価において、“リーダー”の評価を受けたことを発表した。

 フォレスター・リサーチは、アイデンティティ/アクセス管理(IAM:Identity and Access Management)分野のスイート製品9種類を対象に16の評価項目を基準にして調査を行なったと伝えている。同調査の結果は、セキュリティやリスク・マネジメントの専門家がIAM製品の導入時に適切なソリューションを選択する際の判断材料として使用されているという。今回の評価対象になったCA Technologiesのスイート製品は、「CA SiteMinder」「CA IdentityMinder」「CA GovernanceMinder」、及び「CA CloudMinder」であると伝えている。

 今回の総合評価において、CA Technologiesは“戦略”分野で1位となり、“市場プレゼンス”分野でも他社製品と同率で1位となったという。評価項目は、ベンダの“スタッフ配置状況”“パートナー及び実装エコシステム”“マルチテナンシ及び製品価格”“インテグレーション及びOEM”“実導入数”などがあるという。

 同レポート内での評価では、CA Technologiesは、クラウド及びオンプレミスの両方で、バランスの良いスイート製品を提供していると述べている。また、同社は過去10年にわたり、IAMスイート製品の主要コンポーネントを開発及び買収し、スイート全体の統合やサポートの合理化に努めているとし、その結果、ユーザはビジネスを発展させながら同時にセキュリティを確保しビジネスを保護できるシームレスなIAMソリューションを単一ベンダから揃えられるようになったと伝えている。

 CA Technologiesは、今回のフォレスター・リサーチの評価について、CA Technologiesの広範かつ統合されたIAMスイート製品の持つ重要な強み、特に、IAMアーキテクチャをオンプレミス及びクラウド環境間でシームレスに移行しユーザのハイブリッドなIT環境をサポートする能力が評価されたものだと述べている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

標的型メール訓練サービス 【日立ソリューションズ】 AWS環境のデータ保護と管理を実現、“暗号鍵”の一元管理でセキュリティ強化 【タレスジャパン】 「Cloud KMS」対応、高度な暗号化でGCPとハイブリッドクラウドのデータを保護 【タレスジャパン】 クラウド型コラボレーションツール導入から3年で第一三共はどう変わった? 【Box Japan】 「Office 365×Box」の新たな形、コミュニケーションを変えるコンテンツ管理術 【Box Japan】
メールセキュリティ 暗号化 暗号化 グループウェア グループウェア
単に社員ごとの開封/未開封が確認できるだけでなく、業務にあわせたメール文面のカスタマイズや、開封してしまった後の教育までサポートする標的型メール訓練サービス。 AWS環境のデータ保護と管理を実現、“暗号鍵”の一元管理でセキュリティ強化 「Cloud KMS」対応、高度な暗号化でGCPとハイブリッドクラウドのデータを保護 クラウド型コラボレーションツール導入から3年で第一三共はどう変わった? 「Office 365×Box」の新たな形、コミュニケーションを変えるコンテンツ管理術
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20050797



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ