GeeSolutions、社内情報共有等をBYOD環境で行なえるクラウド提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


GeeSolutions、社内情報共有等をBYOD環境で行なえるクラウド提供


掲載日:2013/10/08


News

 株式会社GeeSolutionsは、インターナル(企業内/プロジェクト内)コミュニケーションやインターナル情報共有、社内システムの利用をBYOD環境で行なえるクラウドサービス「geeNetworking」(geeNet)の提供を開始した。

 「geeNet」は、社内/プロジェクト内でコミュニケーションや相談を行なえる機能“Internalコム”と、社内システムやクラウドサービスをSSO(シングルサインオン)で利用できる社内/プロジェクト内ポータル機能“Internalシス”で構成されている。

 “Internalコム”は、ビジネス向けのLINEのようなコミュニケーション機能や、内部に限定された大容量ファイル送付機能/知恵袋機能を備えている。

 “Internalシス”では、ファイルの共有とDR(ディザスタリカバリ)対応を行なえるクラウド&運営サポートサービスや、研修運営やタレントマネジメントが可能なサービス、ライブ/ストリーミング配信を行なえるサービスといった、同社が提供するクラウドサービスをSSOで利用できる。また、社内システムや他社のクラウドサービスともフェデレーションでシステム連携できる。

 クラウド/オンプレミスの両方の環境で利用でき、企業や団体であれば“Internalコム”のクラウドサービスは500 IDまで無料で利用できる。また、サイト運営アウトソーシングサービス「myアシスタント」と組合せて利用すると、ヘルプデスクやサイト運営の各種業務をアウトソースできる。


出荷日・発売日 −−−
価格 “Internalコム”クラウドサービス:500 IDまで無料

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「グループウェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「グループウェア」関連情報をランダムに表示しています。

「グループウェア」関連の製品

ユーザーの声を反映!社内外の人とのセキュアな情報共有が可能に 【リスモン・ビジネス・ポータル】 Office365導入支援サービス 【マイクロメイツ】 クラウドグループウェアサービス 「desknet's NEO クラウド版」 【ネオジャパン】 intra-mart Accel Collaboration 【NTTデータ イントラマート】 中堅・中小企業でも取り組める、コストを抑えて働き方改革を実現できる切り札 【日本マイクロソフト】
グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア
ユーザー数344万超のグループウェアdesknet's NEOのクラウド版。1ユーザー月150円(税別)で25機能が利用可能。ファイル共有サービスなど、オプションサービスも充実 ナレッジを生かした多彩なサービスメニューにより、Office365および関連製品の導入を支援。マニュアルや教育コンテンツの作成、教育・サポートといった定着支援に強み。 グループウェア「desknet's シリーズ」のクラウド版。更に使いやすさを追求した定番グループウェアを圧倒的な低価格で提供。 システム共通基盤「intra-mart Accel Platform」上で動作する社内外情報共有対応のコラボレーション製品。グループウェアの基本機能を中心に、様々なソーシャル機能を提供。 中堅・中小企業でも取り組める、コストを抑えて働き方改革を実現できる切り札

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20050787


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ