ITR、システム連携・統合ミドルウェア関連の市場調査結果を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ITR、システム連携・統合ミドルウェア関連の市場調査結果を発表


掲載日:2013/10/08


News

 株式会社アイ・ティ・アール(ITR)は、システム連携及び統合ミドルウェアの10製品分野を対象に国内43社のベンダ調査を行ない、主要製品分野の動向及びBRMS(Business Rules Management System)市場予測を発表した。

 国内BRMS市場の2012年度の売上金額は9億4000万円、前年度比34.3%増だったという。金融業や保険業を中心に大企業への導入が進んでおり、市場規模はまだ小さいものの、2013年度も前年度比41.5%増と、約13億円に拡大する見込みだと述べている。2012年度から2017年度までの年平均成長率(CAGR)は30.1%、市場規模は35億円に達すると予測しているという。

 企業間ファイル転送市場については、容量やセキュリティ面で懸念のあるメールの代替手段として導入が進んでおり、市場規模は15.6%増になるとしている。ETL/データ・クレンジング市場については、ビッグデータへの注目度の高まりによるデータ活用環境の強化や再整備に向けた投資により、市場規模は16.3%増と拡大したほか、CEP(Complex Event Processing)市場は、金融業以外の業種へ適用範囲が広がっているため、市場規模は40.2%増と拡大したと伝えている。

 ITRによると、ビジネスプロセス及びビジネスルールの設計/実行といった基本機能のほかに、簡易システム開発ツールとして評価する企業も増えており、新商品の開発や既存商品の改良のサイクルが短縮化している業界には、BRMSは適したITソリューションと言えるという。ただし、ビジネスプロセス/ルール管理において属人的な部分が少なからず存在する国内ユーザ企業は多く、このような運用にBRMSがどれほど対応できるかが今後の市場の成長を左右するとしている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

実例:経営企画室長、グループウェア導入で組織風土を変える 【リスモン・ビジネス・ポータル】 EU「一般データ保護規則」(GDPR)対策の遅れを短期間で取り戻す方法 【Splunk Services Japan】 ビッグデータ活用ガイド:50種類以上のデータごとに活用事例を解説 【Splunk Services Japan】 企業が対応すべき「20のセキュリティコントロール」とは? 【Splunk Services Japan】 AIがいち早く異常を検知、内部対策を備えた多層防御の実力とは? 【日本テレマティーク】
グループウェア 統合ログ管理 ビッグデータ 統合ログ管理 フィルタリング
ツールの導入は簡単だが、定着して効果が出るかは別問題。グループウェア導入から約1年で組織風土を変革、離職率低減の成果を上げた企業は、何に取り組んだのかを取材した EU「一般データ保護規則」(GDPR)対策の遅れを短期間で取り戻す方法 ビッグデータ活用ガイド:50種類以上のデータごとに活用事例を解説 企業が対応すべき「20のセキュリティコントロール」とは? AIがいち早く異常を検知、内部対策を備えた多層防御の実力とは?
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20050762



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ