日立、VDIの導入期間短縮と容易な運用を図れる製品を出荷

IT・IT製品TOP > 仮想化 > VDI > VDIのITニュース > ニュース詳細
この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立、VDIの導入期間短縮と容易な運用を図れる製品を出荷


掲載日:2013/10/07


News

 株式会社日立製作所(日立)は、デスクトップ仮想化環境(VDI)の導入期間短縮と容易な運用を図れる統合プラットフォーム「Hitachi Unified Compute Platform かんたんVDIモデル」(UCP かんたんVDIモデル)の出荷を10月24日から順次開始する。

 「UCP かんたんVDIモデル」では、サーバ/ストレージなど必要なハードウェアや、VDIソフトウェア「Citrix XenDesktop」などのソフトウェアを組み合わせた事前検証済みの構成に、更に基本設定をあらかじめ済ませた状態で提供することで、VDIシステムを迅速/容易に構築できる。仕様検討から構築までの期間を2ヵ月に短縮できる本番導入構成のほか、発注から最短10営業日で納入できるトライアル構成(小規模試行向け)も提供する。

 トライアル構成は10ユーザまでが対象で、VDIシステムが1台のPCサーバ上に集約されていて、アプリケーションの動作確認や各種端末との組合せなど、仮想デスクトップ環境の使い勝手や効果を手軽に検証できる。

 本番導入構成は“スタンダード構成”と“エンタープライズ構成”が用意されている。“スタンダード構成”では、VDIの管理サーバが2重化されていて、25ユーザから利用でき、利用者の増加に応じ25ユーザごとにサーバを増やせる。“エンタープライズ構成”では、管理サーバに加え、利用者各自のデスクトップ環境も2重化されている。50ユーザから利用でき、50ユーザごとにサーバを増やせる。

 端末からの接続手順や障害時の復旧手順、運用スケジュール案などの運用支援ドキュメントや、導入時の操作トレーニングが提供されるほか、操作が容易な運用管理ソフトウェア「VM Simple Console utility」が標準で添付される。また、VDIの運用ノウハウからハードウェア操作方法まで一括で支援するサポートサービスが提供される。これらにより、VDIの運用に習熟したシステム管理者の確保が難しい場合でも、運用管理を効率化できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「VDI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「VDI」関連情報をランダムに表示しています。

「VDI」関連の製品

複数のデバイスやアプリを使った働き方に最適な環境や管理とは? 【ヴイエムウェア株式会社】 クラウド型仮想デスクトップサービス NEC Cloud DaaS 【NEC】 テレワークに必要な環境は? 社外業務で安全性と生産性を両立する秘訣 【富士通】 DaaS選びの基礎解説――ユーザー体感速度を損なわず高度なセキュリティ対策 【ニフティ】 VDIに関するTCOや運用負荷の課題を解消するハイブリッド型に注目 【レノボ・ジャパン株式会社】
VDI VDI VDI VDI VDI
複数デバイスは当たり前 IT環境の変化にクライアント管理は対応できる? 「NEC Cloud DaaS」は、ビジネスシーンに必要な機能を豊富なオプションラインナップで提供する。
クラウド基盤やハウジングとのシームレスな連携も可能。
テレワークに必要な環境は? 社外業務で安全性と生産性を両立する秘訣 DaaS選びの基礎解説――ユーザー体感速度を損なわず高度なセキュリティ対策 従来型「VDI1.0」vs.低コスト型「VDI2.0」、実利用の差はどれくらい?

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20050744


IT・IT製品TOP > 仮想化 > VDI > VDIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ