日本IBM、仮想化環境の短期移行を支援するx86サーバ5製品を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本IBM、仮想化環境の短期移行を支援するx86サーバ5製品を出荷


掲載日:2013/10/07


News

 日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は、マイクロソフトのサーバOS「Windows Server 2012」を初期導入し、x86サーバ「IBM System x」シリーズをカスタマイズした「IBM System x仮想化推奨モデル」5製品の出荷を10月22日に開始する。

 「IBM System x仮想化推奨モデル」は、Windows Server 2012をプリインストールしている上、マイクロソフトの仮想化機能“Windows Server 2012 Hyper-V”が提供する仮想化サービスを有効化した状態で出荷される。これにより、Windows Server 2003から新システムへの移行など、早急な対応が求められる仮想化環境構築で、構築時の業務効率向上を図れ、作業時間の軽減を図れる。また、CPUの稼働モードを、仮想化環境に最適化するパフォーマンス優先モードに設定することで、大量のワークロードを稼働させる仮想化サーバとして安定したパフォーマンスで利用できる。

 タワー型エントリー・サーバ「IBM System x3100 M4」、ラック型エントリー・サーバ「IBM System x3250 M4」、タワー型ミッドレンジ・サーバ「IBM System x3300 M4」、ラック型ミッドレンジ・サーバ「IBM System x3500 M4」「IBM System x3650 M4」の5製品が用意されていて、仮想化規模に応じた適切なサーバを選択できる。各モデルの最小構成価格はそれぞれ、17万円から、31万円から、35万円から、93万円から、196万円から。

 今後の継続したモデル展開として、2013年出荷予定のWindows Server 2012の新バージョンへの対応が予定されている。


出荷日・発売日 2013年10月22日 出荷
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「サーバー仮想化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「サーバー仮想化」関連情報をランダムに表示しています。

「サーバー仮想化」関連の製品

ゆうちょ銀行が財務会計システム刷新、オールフラッシュで業務スピードアップ 【日本アイ・ビー・エム】 ハードはどこから刷新すべき? 課題別の製品選びでIT環境を改善 【レノボ・ジャパン】
サーバー仮想化 サーバー仮想化
ゆうちょ銀行が財務会計システム基盤にオールフラッシュストレージを採用。安定稼働するアプリケーションはそのままに、3つの「プラスα」を実現した導入事例を紹介する。 ハードウェア刷新、どこがボトルネック? 解決法が一覧で分かる

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20050710


IT・IT製品TOP > サーバー > サーバー仮想化 > サーバー仮想化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ