シャノン、iPad活用のオプションを加えたO2O支援製品を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


シャノン、iPad活用のオプションを加えたO2O支援製品を提供


掲載日:2013/10/04


News

 株式会社シャノンは、マーケティング用のクラウドアプリケーション「SHANON MARKETING PLATFORM」のイベントソリューションに、iPadを活用した来場/来店認証とアンケートシステムで構成されるO2O向けオプションサービス「シャノン ビジネスタブレット」シリーズを追加した。

 同シリーズの第1弾として、iPad営業支援ツール「シャノン ビジネスタブレット for アンケート」が10月16日から、第2弾としてiPad来場/来店認証システム「シャノン ビジネスタブレット for チェックイン」が12月(予定)から提供される。今回のiPad上の来場/来店認証とアンケート機能を、従来のイベントソリューションの機能である来場者/出展者管理と連携させることで、イベントの事前/当日/事後の主催者/出展者/来場者のスムーズなコミュニケーションを図れる。また、スマートフォン、クーポン発行と連動させたインストアキャンペーンを実施するなど、容易に実店舗への送客を図れる。

 「シャノン ビジネスタブレット for アンケート」は、iPadレンタルと、電子カタログ/アンケートの設定からデータ集計までをワンストップで行なえるアプリケーションを提供する。iPadの利便性を活かしたプロモーションや、様々なアンケート設問による情報収集が可能になり、来場/来店者と紐づけたデータ統合管理も可能。価格は、iPad端末レンタルとシステム利用料金が1ヵ月で16万円から。

 「シャノン ビジネスタブレット for チェックイン」は、ハガキDM/受講票/スマホQRコードなどを来場/来店時に読み取り、事前登録情報と突き合わせ、リアルタイムに関係者に知らせたり、キャンペーンアクションにつなげるサービス。当日、会場や店舗で迅速にフォローでき、管理されたオフラインの情報を、事後オンラインでのフォローに活用できる。価格は、iPad端末レンタルとシステム利用料金が1イベント/キャンペーンで14万円から。

 いずれも「SHANON MARKETING PLATFORM」の構築/利用料は別途。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「SFA」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SFA」関連情報をランダムに表示しています。

「SFA」関連の製品

なぜ外資系CRM/SFAの導入企業は1年でリプレースを検討するのか 【ソフトブレーン】 次期SFA選びを失敗しないための3つのポイント_JUST.SFA 【ジャストシステム】 ITシステム導入で成果が出ない? 残業3割減、受注3.6倍を実現するシステムとは 【ソフトブレーン】 売り上げ2倍、会議時間6分の1を実現 CRM/SFAソリューションの導入事例に迫る 【ソフトブレーン】 見直されるメールマーケティング、データ活用で「量より質」のメール配信を 【Sansan】
SFA SFA SFA SFA SFA
なぜ外資系CRM/SFAの導入企業は1年でリプレースを検討するのか SFAの移行を検討する企業が次期SFAを選ぶ際に留意すべきこととは?SFA選びを失敗しないための3つのポイントとは?実際のSFAリプレース事例をもとに解説。 ITシステム導入で成果が出ない? 残業3割減、受注3.6倍を実現するシステムとは 売り上げ2倍、会議時間6分の1を実現 CRM/SFAソリューションの導入事例に迫る 見直されるメールマーケティング、データ活用で「量より質」のメール配信を

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20050693


IT・IT製品TOP > 情報システム > SFA > SFAのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ