日本IBM、IBM Power Systems Linuxセンターを日本に開設

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本IBM、IBM Power Systems Linuxセンターを日本に開設


掲載日:2013/10/04


News

 日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は、企業システムにおいて、簡単に「IBM Power Systems」上でLinuxとオープンソース技術を組み合わせて、ビッグデータ、クラウド、モバイル、ソーシャルの新しいアプリケーション開発と展開を加速するため、“IBM Power Systems Linuxセンター”を10月1日に日本IBM晴海事業所内に新設したと発表した。

 「IBM Power Systems」は、複数のオペレーティング・システムをサポートするオープン・プラットフォーム。

 IBM Power Systems Linuxセンターの設置は、同プラットフォーム上で稼働するLinuxとオープンソース技術に対する10億ドルの新規投資の一環として行なわれるものだという。

 同センタは、国内の独立系ソフトウェア・ベンダ(ISV)をはじめ、システム・インテグレータやオープンソースのソフトウェア開発者を対象に、同プラットフォーム上でLinuxを活用する開発環境の提供やポーティング支援、技術セミナーを通じて、オープンな技術を活用したアプリケーション開発を推進するという。また、同プラットフォーム上のLinux対応アプリケーション開発企業に対し、企業システムへの採用を働きかけるマーケティング協業や案件支援を行なうとしている。

 同センタの新設に先立ち、利用の第1号として、ミラクル・リナックス株式会社と株式会社プロマークへ、オープンソース・ソフトウェアを活用したアプリケーションの同プラットフォーム上におけるLinux対応の支援を実施したという。ミラクル・リナックスは、「MIRACLE LINUX V6 for IBM POWER」の共同検証を完了したと伝えている。

 今後も、エンタープライズ用途に特化した統合的なシステム監視ソリューション「MIRACLE ZBX」シリーズなどの同センタにおける検証を予定しており、同プラットフォーム上のLinux対応を進めていくという。同時に、プロマークは、オープンソースのソフトウェアを活用したアンチウィルス・ソフトウェアの「ProScan AntiVirus」シリーズの検証を完了し、提供を開始したと伝えている。

 日本IBMでは、オープンな技術へのニーズに迅速に対応するため、アプリケーション開発者の支援体制の強化や協業を進め、企業システム向けに幅広い選択肢を提供していくとしている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

Logstorage(ログストレージ) 【インフォサイエンス】 セルフサービスBI 軽技Web 【富士電機】 SSLを悪用するサイバー攻撃の手口と対策を解説 【マクニカネットワークス】 野村証券の大規模ネットワーク運用術:8000ノード一元管理の手法 【日本ヒューレット・パッカード】 ハイパーコンバージドの利点を生かすバックアップアプライアンス 【arcserve Japan】
統合ログ管理 BI 暗号化 ネットワーク管理 バックアップツール
企業内やクラウド上に分散するITシステムのログデータを自動収集、統合管理することにより、セキュリティ対策、運用負荷の軽減を実現する純国産の統合ログ管理製品。 導入企業900社。社内のデータベースに蓄積された販売管理、生産管理などの業務システムの情報活用から帳票出力まで、セルフサービス型BIツールでデータ分析を促進。 暗号化が危険を招く原因に? SSLを悪用するサイバー攻撃の手口と対策を解説 野村証券の大規模ネットワーク運用術――8000ノードの一元管理に選んだ手法は? ハイパーコンバージドインフラのメリットを生かすバックアップアプライアンス
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20050670



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ