Force Media、NASの新OSを発表、RAID拡張エンクロージャーも発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


Force Media、NASの新OSを発表、RAID拡張エンクロージャーも発売


掲載日:2013/10/04


News

 株式会社フォースメディア(Force Media)は、QNAP社の「TurboNAS」シリーズで、ビジネス向けの機能を強化した新オペレーティングシステム(OS)「QTS4.0」を発表した。また、最大400TB以上の物理ストレージ容量をTurboNASに拡張できるRAID拡張エンクロージャー2機種を発売する。

 「QTS4.0」は、直感的・効率的にNAS管理を行なえるほか、ビジネスの生産性を向上させるための機能面も強化されている。最大400TBを超える容量を拡張できる、RAID拡張エンクロージャーに対応し、複数のストレージプールを作成できるほか、容易なボリューム割り当てやシンプロビジョニング対応など、柔軟なストレージ管理を行なえる。また、SSDキャッシュ機能を搭載したことで、IOPSパフォーマンスが10倍に向上し、仮想化環境など、高いIOPSが求められるアプリケーションに適しているほか、最新の仮想化環境にも対応できるよう、VMware VAAIをサポートし、仮想マシンの操作や展開の迅速化を図れる。Microsoft Hyper-VのODXもサポートしている。

 ユーザインターフェースが進化していて、TurboNASの様々な機能を簡単・直感的に使いこなせるように再設計され、マルチウィンドウ操作にも対応し、より効率的な管理と使い勝手を備えている。

 今回発売されるRAID拡張エンクロージャーは、接続することで使用できるシームレスな容量拡張が可能で、最大400TBを超える容量をTurboNASに拡張できる。搭載できるドライブはSAS/SATA/SSDをサポートし、用途や予算に合わせてドライブを選択できる。3u/16ベイでSeagate Enterprise Value 1TB×16本を搭載した「REXP-1600U-RP」と、2u/12ベイで同12本を搭載した「REXP-1200U-RP」の2機種が用意されている。

 導入後の安定した運用をサポートする、Force Mediaのサポートメニューも用意されていて、オンサイト保守(1年〜5年)、先出しセンドバック保守(1年〜5年)から選択できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「その他ストレージ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他ストレージ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他ストレージ関連」関連の製品

フラッシュストレージに関するアンケート 【ネットアップ】 クラウド基盤に関するアンケート 【ニュータニックス・ジャパン】
その他ストレージ関連 その他ストレージ関連
ギフト券が当たる★フラッシュストレージに関するアンケート ギフト券が当たる★クラウド基盤に関するアンケート

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20050666


IT・IT製品TOP > ストレージ > その他ストレージ関連 > その他ストレージ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ