コレクシア、ネットリサーチでROIを診断するパッケージを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


コレクシア、ネットリサーチでROIを診断するパッケージを提供


掲載日:2013/10/03


News

 株式会社コレクシアは、インターネットリサーチを使用してマスメディア4媒体・屋外広告・店頭施策やWeb広告・ソーシャルメディアなどで、ROI(投資対効果)の算出・診断を行なえる定額パッケージ「ROI×(ロアクロス)」の提供を開始した。価格は50万円から。

 「ROI×」では、インターネットアンケートと媒体コストのみで費用対効果を推定でき、より廉価、よりスピーディに広告効率性を診断でき、診断結果は、戦略的な示唆を得やすいようにデザインされたインフォグラフィクスに整理されて提供される。競合との費用対効果の比較や、中長期的な“投資対効果”の把握も行なえ、より包括的な視点で広告の費用対効果マネジメントを支援する。

 解析アルゴリズムが改良されていて、価格やデザインなど広告以外の要因による影響の除去、購買習慣や広告の注視状態で変化する影響の推定、複数媒体を使用した際の間接効果の推定、O2OやWebから店頭など媒体間の送客効果の推定、アンケート回答者が広告から受けた影響を正確に回答できないことに由来する誤差の除去といった問題にも対応できる。

 5媒体のROI算出から診断までを定額・定型で利用でき、データコストを抑え、廉価・短納期で提供される。マーケティングファネルのボトルネック部分に対する費用対効果の評価など、ROIについて、より戦略的な示唆を得られる。費用対効果を、ターゲット最適性や媒体間の送客効果などの6つの指標で多角的に診断できる。

 「ベンチマーキングオプション」を併用することで、自社プロモーションやキャンペーンのROIを、業界や特定の競合のROIと比較できるほか、「投資対効果オプション」を利用することで、コストに対する中長期的な投資対効果も算出できる。

 継続的に実施することで専用データが蓄積され、前回キャンペーンや他事業、他ブランド、時系列での費用対効果比較や、媒体配分シミュレーションも行なえる。マネジメント層と現場が使用媒体のパフォーマンスを“費用対効果”で共有し、ROI視点での広告管理を運営する枠組みを提供する。


出荷日・発売日 −−−
価格 50万円〜

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20050654


IT・IT製品TOP > データ分析 > ソーシャルメディア分析 > ソーシャルメディア分析のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ