MMD研究所、iPhone5c キャリア・地域別通信速度比較調査を実施

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


MMD研究所、iPhone5c キャリア・地域別通信速度比較調査を実施


掲載日:2013/10/01


News

 MMD研究所は、9月20日にdocomo、au、SoftBankの3キャリアからiPhone5s、5cが発売されたことを受け、各キャリアのネットワーク状況の実態を把握するため、iPhone5cを使用し、全国の主要都市(20都市・125個所)にて、“2013年9月iPhone5c キャリア・地域別通信速度比較調査”を9月21日〜25日に実施したと発表した。

 調査結果によると、各キャリアのダウンロード平均スピードは、全国平均でSoftBankが26.45Mbps、auが22.00Mbps、docomoが18.21Mbpsとなり、SoftBank版のiPhone5cが最速の結果となった。3月に行なったiPhone5での通信速度調査結果と比較すると、auが平均7.93Mbpsから約14Mbps、SoftBankが平均9.88Mbpsから約16Mbps速度が上がり、3月と比べて両キャリアともにネットワークの改善が見られたと伝えている。

 ちなみに、今回の全調査スポットにおける最速値は、docomoが金沢市“金沢21世紀美術館 入口”の52.71Mbps、auが大阪市“アメリカ村 三角公園”の52.55Mbps、SoftBankが名古屋市“名古屋ドーム前”の69.06Mbpsだったという。

 アップロード平均スピードは、全国平均でSoftBankが11.59Mbps、auが10.70Mbps、docomoが5.47Mbpsだったとしている。

 また、今回調査した20都市125個所のLTEエリアにおいては、3キャリアともにLTEカバー率が100%だったという。

 更に、各調査スポットのダウンロード平均スピードの結果を10Mbpsごとに6段階に区分けしたところ、20Mbps以上のダウンロード平均スピードは125個所中docomoが39個所で31.2%、auが62個所で49.6%、SoftBankが87個所で69.6%となったと伝えている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

ストレージ基盤事例:刷新効果はパフォーマンス改善だけじゃない 【ネットアップ】 アーキテクチャの5原則が導く次世代データセンターへの変革 【ネットアップ】 次世代事業継続ソリューション「Veritas Resiliency Platform」 【ベリタステクノロジーズ合同会社】 ファイルサーバ統合管理システム「GDMS」 【ジャストシステム】 ファイルサーバー管理ツール「GDMS」 【ジャストシステム】
NAS データセンター運用 バックアップサービス サーバー管理 サーバー管理
ストレージ基盤導入事例――刷新効果はパフォーマンス改善だけじゃない アーキテクチャの5原則が導く次世代データセンターのデザインとメリット 企業に眠るデータから洞察を引き出すための4ステップ 肥大化したファイルサーバを素早く「状況把握」「整理」するシステム。アクセス権の設定や変更、申請・承認フローまで自動化し、アクセス権管理を一元化する機能も有する。 肥大化したファイルサーバの状況を「素早く可視化」し、「簡単操作で整理」できる管理システム。アーカイブやアクセス権管理機能も搭載。
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20050554



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ