さくらインターネット、IaaSに時間課金を導入、第2ゾーンも提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


さくらインターネット、IaaSに時間課金を導入、第2ゾーンも提供


掲載日:2013/09/30


News

 さくらインターネット株式会社は、CPUとメモリを自在に組み合わせて使えるクラウドサービス「さくらのクラウド」に、1時間あたり9円からの時間課金を導入し、提供を10月1日に開始する。また、設備を完全に分離した第2ゾーンの提供も10月8日に開始する。

 「さくらのクラウド」では、1コア1GBから最大12コア128GBまでのサーバ選択肢が用意されているほか、SSDが採用されストレージ性能に優れている。簡単に操作できるコントロールパネルと、自動化に利用できるAPIやコマンドラインツールを備え、自分だけの仮想データセンタを構築できる。

 今回導入される時間割課金は全サーバプランで利用でき、1コア1GBプランが1時間9円、12コア128GBのマシンも1時間あたり474円で使用できる。1コア1GBプランの場合、10時間までの利用の場合は1時間9円の時間課金が適用され、11時間以降24時間までは95円の日割料金で利用できる。翌日以降も10時間までは時間割、11時間以降は日割となり、通算20日利用した時点で月額料金1900円が適用される。トライアル用途やシステムの動作検証など、短時間の利用に適している。

 また、今回提供される第2ゾーンは、現在提供中の第1ゾーンとは設備/システムが完全に分離されているため、障害が発生した場合にも影響が波及せず、ユーザがより堅牢な冗長システムを構築できる。第1ゾーン/第2ゾーン間をネットワーク接続できる“ブリッジ機能”の導入も11月以降に予定されている。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「IaaS/PaaS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IaaS/PaaS」関連情報をランダムに表示しています。

「IaaS/PaaS」関連の製品

アプリケーション開発がPaaSで変わる――70%もの工期短縮も可能に 【セールスフォース・ドットコム】 仮想アプリも仮想デスクトップも、全てのワークスペースをクラウドから利用する 【シトリックス・システムズ・ジャパン】 IBM i上の基幹システムをクラウドへ移行する5つのポイント 【日本情報通信】 クラウド基盤サービス NEC Cloud IaaS 【NEC】 アプリケーションのクラウド移行で「守るべきルール」と「破るべきルール」 【F5ネットワークスジャパン】
IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS
アプリケーション開発がPaaSで変わる――70%もの工期短縮も可能に 仮想アプリも仮想デスクトップも、全てのワークスペースをクラウドから利用する 長年にわたり「IBM i(AS/400)」で運用し続けてきた基幹システムは、まさに自社の業務ノウハウの結集だ。経営に欠かせないこの重要資産を今後も生かしていく道とは。 高いコストパフォーマンス、高性能・高信頼が特長のIaaS。セルフサービスポータル画面から、ユーザ自身によりプロビジョニングや他社サービスまで含めた運用管理が可能。 アプリケーションのクラウド移行で「守るべきルール」と「破るべきルール」

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20050534


IT・IT製品TOP > データセンター > IaaS/PaaS > IaaS/PaaSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ