OGID、大型台風によるサーバトラブルの原因と対策を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


OGID、大型台風によるサーバトラブルの原因と対策を発表


掲載日:2013/09/27


News

 OGID株式会社は、同社のデータ復旧事業部 日本データテクノロジーに、大型台風の影響によるデータ復旧への問い合わせが前年同月比110%と増えていることを受け、原因と対策を公開するとし、特に問い合わせの多いRAID・サーバトラブルにおけるトラブルの原因と対策を発表した。

 台風によるRAID・サーバトラブルが起きる主な原因は以下2つがあるという。1つは落雷が原因で発生する予期せぬ電源断で、その場合HDDに物理障害が発生している可能性が高いという。システム担当者は障害に気付いた段階ですぐに操作をやめ、専門家へ相談することがポイントだとしている。

 2つめは豪雨による水没などの影響で、いずれも筐体を乾かすことなく濡れたまま専門家まで持ち込むことがデータの復旧率は上がると伝えている。

 雨水や水道水には不純物が多く含まれているため、HDDの内部で水分が蒸発しデータが書き込まれるプラッタに不純物が付着することでデータの読み込みが困難になるからだという。水没してしまった機器はほとんどのパーツが破損しており、そこに重要なデータがある場合、電源を触ることなく、濡れたタオルなどで全体を覆うなどして乾かさないようにし、速やかにデータ復旧の専門業者へ相談することが重要だとしている。

 また、台風シーズンによってトラブルが発生しやすい時期であることを理解し、通常よりもこまめにバックアップを取るように心掛けることが不可欠だと伝えている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

AWS環境からの情報漏えいを防止、ユーザー側で行うべき公開サーバの脆弱性対策 【トレンドマイクロ】 サポートが終了したOSを継続利用、延命利用中に必須のセキュリティ対策 【トレンドマイクロ】 日本企業も対象になり得るGDPR(制裁金最大26億円)にどう対処するのか? 【Jiransoft Japan】 SAS Data Management 【SAS Institute Japan】 SAS Visual Analytics 【SAS Institute Japan】
WAF 検疫 その他運用管理関連 ビッグデータ BI
AWS環境からの情報漏えいを防止、ユーザー側で行うべき公開サーバの脆弱性対策 サポートが終了したOSを継続利用、延命利用中に必須のセキュリティ対策 日本企業も対象になり得るGDPR(制裁金最大26億円)にどう対処するのか? 膨大・煩雑な生データを「使えるビジネス資産」に変換する方法 BIを生かす秘訣は「Microsoft Office」との連携にあり
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20050468



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ