SCSK、iPad向け手書き入力アプリ/開発ライブラリを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SCSK、iPad向け手書き入力アプリ/開発ライブラリを提供


掲載日:2013/09/26


News

 SCSK株式会社は、iPad上で手書き入力を求めるユーザや、キーボードに不慣れな利用者向けに、株式会社MetaMojiの手書き入力アプリケーション「7notes Pad for Caede」の提供を開始した。また、モバイル開発環境「Caede」を活用し、手書き入力を使ったアプリケーションを簡単に開発できる「Caede手書き入力開発ライブラリ」の提供も開始した。

 「Caede」は、Curl言語で開発されたソースコードからモバイルモジュール(HTML5/CSS/JavaScript)を生成するTranslator/Framework/Library/Eclipseプラグインを提供する。よりスマート/シンプルにスマートデバイスのアプリケーションを開発できる。

 今回提供が開始された「7notes Pad for Caede」は、Caedeアプリケーションと連携する専用手書きアプリケーションとして提供される。「Caede」で開発されたリッチなインターフェースを持つアプリケーションに手書き入力インターフェースが加わることで、従来はキーボード操作がボトルネックになりシステム化が困難だった業務システムを構築できる。

 「Caede手書き入力開発ライブラリ」は、モバイル開発環境「Caede」で開発されるアプリケーションと「7notes Pad for Caede」とを簡単に連携する開発用ライブラリ。CaedeSDKで標準提供されている様々な入力用GUI部品を用いて利用者の様々なタッチ操作に対応でき、スマートデバイス向けに手書き入力アプリケーションを開発できる。

 価格は、「7notes Pad for Caede」と「Caede手書き入力開発ライブラリ」のセットで、年間使用料が1デバイスあたり3000円(20デバイスから)。詳細は要問い合わせ。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発ツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「開発ツール」関連情報をランダムに表示しています。

「開発ツール」関連の製品

ALMソリューション 【キヤノンITソリューションズ】 Web Performer 【キヤノンITソリューションズ】 画像処理ソフトウェア SDK ImageGear(イメージギア) 【ラネクシー】 Mendix App Platform(超高速開発ツール、モデル駆動) 【ビルドシステム】 コーディング不要の超高速開発ツール「Low-code Platform」とは 【ビルドシステム】
開発ツール 開発ツール 開発ツール 開発ツール 開発ツール
要件管理から構成・変更管理、テスト管理、プロジェクト管理まで、アプリケーション・ライフサイクルを総合的にサポートするソリューション。(ALMソリューション) ノンプログラミングでJavaのWeb アプリを100%自動生成する、マルチブラウザ対応超高速開発ツール。コーディングの自動化とそれによる品質の均一化により開発期間短縮可能 世界最高水準の画像処理ソフトウェア開発キット。世界で5000万本以上の利用実績を持ち、2000以上の画像処理メソッド・プロパティを提供する。 ソースコードを記述することなくアプリケーションを作成できる超高速開発ツール。モバイルアプリから、IoT、Cognitive対応のアプリまで、専門知識なしで容易に作成。 「コーディングしない」開発を始めよう――生産性6倍となる秘訣

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20050447


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発ツール > 開発ツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ