メンター・グラフィックス、TSMC 3D-ICリファレンスフローに認定

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


メンター・グラフィックス、TSMC 3D-ICリファレンスフローに認定


掲載日:2013/09/26


News

 米メンター・グラフィックス・コーポレーション(メンター・グラフィックス)は、台湾Taiwan Semiconductor Manufacturing Company Ltd.(TSMC)の3D-ICリファレンスフロー向けに認定されたことを発表した。

 今回の認定により、TSMC向け3D-ICフローでシリコンインターポーザ設計に加えてTSV(貫通ビア)積層ダイ設計がサポートされるようになるとし、認定されたメンター・グラフィックス製品は、メタル配線とバンプ実装、複数チップの物理検証と接続チェック、チップインタフェースとTSV寄生抽出、熱シミュレーション、包括的なパッケージング前後テストを提供するとしている。

 また、同フローは、IC製品群を通して様々な強化機能を提供するとし、「Olympus-SoC」配置配線システムは、クロスダイバンプのマッピングとチェック、TSV、マイクロバンプ、バックサイドメタル配線、銅ピラーバンプの実装において、シリコンインターポーザ設計とTSV設計の両方をサポートする3D-IC物理設計コックピットとして機能すると伝えている。

 カスタムICレイアウトツール群である「Pyxis」は、TSV設計フローをサポートするSDL(スケマティックドリブンレイアウト)を提供して、直交及び45度のRDL(再配線層)の配線を可能にするとし、同ツール群は、バンプファイルのインポートプロセスの改良など、同フロー向けの機能強化が図られているとしている。

 カスタム設計の場合でもデジタル設計の場合でも、「Calibre nmDRC」はIO位置合わせの精度検証などダイ間のDRC(デザインルールチェック)を提供し、「Calibre nmLVS」はDEFまたはGDS入力を使用した両面バンプの接続チェックなどLVS(レイアウト対回路図比較チェック)を提供するとしている。また、「Calibre xRC」と「Calibre xACT」は、DEFあるいはGDS形式で定義された片面バンプや両面バンプ、バックサイド配線の寄生を抽出し、更に、TSV間のカップリング抽出にも対応しており、STA(静的タイミング解析)とSPICEシミュレーションを実行して、複数ダイの寄生モデル向けにTSVサブサーキット等価回路を生成すると伝えている。

 ほかにも、テスト分野では、「Tessent MemoryBIST」や「Tessent TestKompress」「Tessent IJTAG」がサポートするとし、3D-IC設計に内在する熱問題には、「FloTHERM」が対応すると伝えている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

中堅・中小企業が選ぶべきERPは? 4つの課題から導く最適解 【日立システムズ】 8社の事例で解説、ERP導入による課題解決と経営メリット 【日立システムズ】 新人担当はどこまで知っておけばいい? ストレージ製品の実践的な提案方法 【ネットワールド】 クラウドセキュリティ対策をワークフローで整理、弱点を補完するCASBの使い方 【シマンテック】 ハイブリッド型 勤怠管理システム「ShiftMAX」 【KYODOU】
ERP ERP ストレージ仮想化 認証 勤怠管理システム
中堅・中小企業が選ぶべきERPは? 4つの課題から導く最適解 8社の事例で解説、ERP導入による課題解決と経営メリット 新人担当はどこまで知っておけばいい? ストレージ製品の実践的な提案方法 クラウドセキュリティ対策をワークフローで整理、弱点を補完するCASBの使い方 Excelから直接クラウドサービスに接続し、シフト管理、勤怠管理が行えるハイブリッド型のシステム。会社ごとに異なる勤務形態にも柔軟に対応できる。
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20050438



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ