NEL、AcaciaとASIC(DSP)で相互に接続可能な動作モードを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NEL、AcaciaとASIC(DSP)で相互に接続可能な動作モードを提供


掲載日:2013/09/26


News

 NTTエレクトロニクス株式会社(NEL)は、同社と米Acacia Communications Inc.(Acacia)がそれぞれ開発を進める毎秒100Gbコヒーレント光通信向け次世代デジタル信号処理ASIC(DSP)において、中距離向け動作モードの相互検証を完了したことを発表した。

 コヒーレント光通信向けのDSPは、偏波多重された高速光信号をコヒーレント検波する際に、分散補償や軟判定誤り訂正などのデジタル電気信号処理を駆使して、ファイバ伝搬で歪んだ信号波形から正しい信号データを復元するキーデバイス。ASICとは特定用途向けに設計・開発されたICのこと。

 NELは、100G DSP製品を販売するチップベンダ。Acaciaは、内蔵DSPや集積光部品の開発を自ら手掛ける100G光トランシーバベンダ。

 両社は、それぞれの次世代DSP開発を進めるにあたって、100Gプラガブル向けに消費電力を抑える中距離動作モードにおいては互換性を持たせることで合意し、今回当該機能の相互検証を完了したとしている。変調方式には長距離向けに実績のある DP−QPSK(偏波直交4位相偏移変調方式)、誤り訂正符号には国際標準として確立されたGFEC(光転送ネットワーク・インタフェースの国際標準規格ITU-TG.709 OTNが規定する標準誤り訂正符号)をそれぞれ採用することにより、擾乱にも強い確実な互換性を提供すると伝えている。

 今回の検証によって、複数ベンダの製品間でも互いに通信できる毎秒100Gbプラガブル光トランシーバ(ルータやスイッチ、光伝送装置などにおいて、差し換え可能なトランシーバポート向けに提供される光トランシーバ・ソリューション)の適用領域を、イーサネット標準(国際標準IEEE 802.3イーサネット規格)が規定する30kmを超えて拡大できることになると期待されると伝えている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

Barracuda Load Balancer 【バラクーダネットワークスジャパン】 クラウドDDoS対策サービス 【日本ラドウェア】 サイバー攻撃調査:2017年に警戒すべき4つのサイバーリスク 【日本ラドウェア+他】 Q&Aで読み解く、デジタルトランスフォーメーションの始め方 【ブロケード コミュニケーションズ システムズ+他】 DXの重要性をIDCが解説――世界の本気が一目で分かるインフォグラフィック 【ブロケード コミュニケーションズ システムズ+他】
ADC/ロードバランサ ファイアウォール 検疫 データセンター運用 データセンター運用
トラフィックを複数のサーバへ負荷分散。サーバ障害に備えたフェールオーバ機能やセキュリティ対策に有効な不正侵入防御機能を搭載した低価格・簡単操作のロードバランサ。 DDoS攻撃対策の選び方――大規模攻撃に備える3つの対策を解説 サイバー攻撃調査:2017年に警戒すべき4つのサイバーリスク Q&Aで読み解く、デジタルトランスフォーメーションの始め方 DXの重要性をIDCが解説――世界の本気が一目で分かるインフォグラフィック
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20050437



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ