NTTソフトウェア、エンタープライズ事業部の新設について発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTTソフトウェア、エンタープライズ事業部の新設について発表


掲載日:2013/09/26


News

 エヌ・ティ・ティ・ソフトウェア株式会社(NTTソフトウェア)は、ユーザとのリレーションを深め、適切なソリューションを迅速に提供するために、10月1日にエンタープライズ事業部を新設すると発表した。

 エンタープライズ事業部は、金融・交通・PaaS(Platform as a Service)分野を中心にNTTソフトウェアのセキュリティ、クラウド、モバイル領域のノウハウを活かして、ユーザの問題解決を支援するとしている。営業と開発を一体化したプロフェッショナル集団が、ユーザの要望に迅速かつタイムリーに対応するとしている。

 今後は、上記分野に対してソリューションを強化するとともに、対象分野の拡張を図ると伝えている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

ビジネス変革を目指す企業が導入すべき「攻めのITインフラ」とは 【ネットワンシステムズ株式会社】 EU一般データ保護規則(GDPR)をコンプライアンス施策だけで終わらせないために 【日本アイ・ビー・エム】 166社調査で見えた無線LAN導入・運用のヒント――多くの企業がつまずいたのは? 【エヌ・ティ・ティ・データ・ジェトロニクス】 ハイブリッドクラウド時代のプロセッサはアーキテクチャで選ぶ 【インテル】 安全性とコンプライアンスを両立、先進企業4社のタッグで生まれたクラウド基盤 【インテル】
統合運用管理 その他データ分析関連 無線LAN IaaS/PaaS IaaS/PaaS
ビジネス変革を目指す企業が導入すべき「攻めのITインフラ」とは EU一般データ保護規則(GDPR)をコンプライアンス施策だけで終わらせないために 166社調査で見えた無線LAN導入・運用のヒント――多くの企業がつまずいたのは? ハイブリッドクラウド時代のプロセッサはアーキテクチャで選ぶ 安全性とコンプライアンスを両立、先進企業4社のタッグで生まれたクラウド基盤
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20050436



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ