トレンドマイクロ、勤務先における業務ファイル共有実態を調査

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


トレンドマイクロ、勤務先における業務ファイル共有実態を調査


掲載日:2013/09/26


News

 トレンドマイクロ株式会社は、勤務先における業務ファイル共有の実態に関するWebアンケート調査を実施したと発表した。

 今回の発表された調査は、8月24日〜8月26日の調査期間に社外との業務ファイル共有を行なう一般従業員309名及び情報管理者309名を対象に実施されたもの。

 同調査で、勤務先から明確に許可されていない(禁止されている、規定があるかどうか分からない)ファイル共有ツールの使用について聞いたところ、従業員の3割以上(33.3%)が社外との業務ファイル共有のために許可されていないツールを利用した経験があると回答したと伝えている。

 また、勤務先でどのようなツールが許可されているか、あるいは禁止されているかについては、従来型のメール(Webメール以外のメール)については約8割が使用可否に関する規定があると回答したとする一方、オンラインストレージについては、半数以上が勤務先において規定がない、もしくは、規定があるかどうか分からないとしており、多くの企業で、オンラインストレージの業務利用に関するルールが未整備であることがわかったとしている。

 オンラインストレージの業務利用を禁止している企業、または一定の条件付きで許可している企業の情報管理者は、従業員の勝手なオンラインストレージの業務利用について、“多くの従業員が使っていると思う”(10.1%)または“一部の従業員は使っていると思う”(54.5%)と回答しており、従業員の利用が進んでいると認識している管理者は6割以上にのぼっていると伝えている。

 更に、業務ファイルを共有する際に利用するツールを指定している情報管理者のうち59.5%が、現状指定しているツールについて、ファイル共有ツールとしては不十分と認識しているとし、主な理由として、“ファイルが外部に漏えいするリスクがある”(30.4%)“従業員の業務効率を下げている”(20.3%)などが挙がっているとしている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

海外で構築する「SD-WAN」――どうすれば国際閉域網のコスト効率は高まるのか? 【シンガポールテレコム・ジャパン】 アシスト Citrix サポートセンター 【アシスト】 スマートデバイス全社活用の秘訣、「デバイスにデータを残す」安全な方法とは? 【三菱電機インフォメーションネットワーク】 メールセキュリティソリューション Proofpoint 【双日システムズ】 無理なく始めるOne to Oneマーケティング――PDCAサイクルの実践は難しくない 【フュートレック】
WAN高速化 シンクライアント MDM メールセキュリティ CRM
海外で構築する「SD-WAN」――どうすれば国際閉域網のコスト効率は高まるのか? 実績豊富なアシストのエンジニアによるXenDesktop、XenAppの導入/運用サポート。アシスト以外のベンダーによる構築環境であっても高品質のサポートを提供可能。 スマートデバイス全社活用の秘訣、「デバイスにデータを残す」安全な方法とは? クラウド型サンドボックスによりメールを介した未知の標的型サイバー攻撃を検知し、悪意ある添付ファイルやURLをブロックする「Targeted Attack Protection」などを提供。 無理なく始めるOne to Oneマーケティング――PDCAサイクルの実践は難しくない
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20050423



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ