日立ソリューションズ・ビジネス、流通等向け業務パッケージ強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立ソリューションズ・ビジネス、流通等向け業務パッケージ強化


掲載日:2013/09/26


News

 株式会社日立ソリューションズ・ビジネスは、流通卸売業向け業務パッケージ「快作ビジネス+」で、ハンディターミナルを使用して倉庫業務を確実・スピーディに行なう「在庫検品オプション」と、多品目小ロットの物販業務の省力化を支援する日雑卸業務に特化した「日雑卸オプション」の出荷を10月28日(予定)に開始する。

 「在庫検品オプション」では、倉庫業務の取り扱いをより確実、よりスピーディに行なうために、ハンディターミナルと連携して、入荷検品、出荷時の商品ピッキング、棚卸作業をバーコードで行ない、倉庫業務の簡便化を図れる。

 「日雑卸オプション」では、必要に応じて受注からの発注展開、商品ごとの複数荷姿やJANコードへの対応、チェーンストア統一伝票様式での出力などを図れ、煩雑な取引業務をトータルサポートする日雑卸業務に特化した機能を提供する。これにより、得意先ごと・注文ごとの手作業での作業時間・人為的ミスの軽減を図れ、業務効率向上を支援する。

 “受注一括確定”機能では、受注残に対する発注伝票を一括作成でき、発注伝票作成時には、仕入先が同一の複数の受注を纏めたり、セット品を構成品ごとに発注できる。“荷姿単位の指定”機能では、商品ごとに複数の荷姿とそれぞれのJANコードを管理でき、受注/発注伝票登録時に荷姿を指定できる。

 “得意先別印刷デザイン書式指定”機能では、納品書・請求書・商品ラベルで、得意先ごとの書式を登録できる(個々のデザインはアドオンで対応する)。“選択式売上計上・仕入計上”機能では、一覧から選択した売上・仕入のみを計上できるほか、“納品書・送り状CSV出力”機能では、納品書・送り状データをCSV出力できる。

 “チェーンストア統一伝票対応”機能では、チェーンストア統一伝票(ターンアラウンド用1型)を出力でき、伝票番号を自動で採番し、検索することもできる。“承認ワークフロー選択”機能では、見積・受注・出荷・売上・発注・入荷・仕入の機能ごとに承認機能の使用の有無を運用開始時に選択できる。“品目・取引先メモ追加”機能では、品目マスタ・得意先マスタ・仕入先マスタ・請求先マスタ・出荷先マスタ・支払先マスタにメモを登録できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「SCM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SCM」関連情報をランダムに表示しています。

「SCM」関連の製品

在庫管理/倉庫管理システム ONEsLOGI/WMS 【日立物流ソフトウェア】 レノボとSAPによる工場のサプライチェーンシステム刷新事例 【レノボ・ジャパン株式会社】 購買システム「楽々ProcurementII」 【住友電工情報システム】 在庫管理/倉庫管理システム(WMS) ONEsLOGI Cloud/WMS 【日立物流ソフトウェア】
SCM SCM SCM SCM
多様性に対応するための様々な業務機能をもとに、ユーザ固有の運用形態に適合した物流センタ管理システムを効率よく構築するソリューション。 11時間の計算がわずか8分に コストも業務も激変させたサプライチェーン事例 多様な購買品目、発注形態に対応し、調達コストの削減効果のあるWeb購買システム。企業の購買プロセスや購買規模にあわせ、約3カ月からのスピード導入も可能。 入出荷・在庫管理からの棚卸業務まで対応した倉庫管理システム。クラウドサービスのため、低コスト・短期間で導入できる。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20050415


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > SCM > SCMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ