Agilent、LDAとEMの株式公開会社2社に分割

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


Agilent、LDAとEMの株式公開会社2社に分割


掲載日:2013/09/25


News

 米アジレント・テクノロジーズ社(Agilent)は、自社を独立した株式公開会社2社に分割する計画であることを発表した。

 1社はライフサイエンス・診断・応用市場(LDA)関連会社で、Agilentの社名を承継し、もう1社は現在の電子計測事業(EM)を承継するという。今回の分割は、Agilentの株主に非課税比例分配により電子計測会社の株式を配分する方法で実施する計画だと伝えている。

 Agilentは、2つのそれぞれ異なる投資・事業機会を有する会社へと発展を遂げたとし、独立かつ戦略的にフォーカスした2社に分割し、それぞれの会社が成長・成功の最大化を目指すと伝えている。

 同社は、今回の分離が、LDA及びEMそれぞれ異なるビジネスに経営陣が専念できることや、LDA会社は高成長のLDA事業に経営資源を集中できること、変動の大きいEM業界の影響を抑制できること、EM会社はかつてのLDA事業中心の投資から脱却し自社の事業の経営資源を集中できること、それぞれ独立した独自の2社として投資できること、両社とも良好な財務状況で目標とする有利子負債/EBITDA倍率は2.0倍未満であること、といった利点を独立した両社にもたらすとしている。

 新Agilentは、継続的売上の比率が高い事業構成、バランスのとれた地域別事業比率となっており、新興市場・分子診断・臨床市場における成長機会及び利幅の大きい事業機会に恵まれているとしている。2013年度の売上高見込みは39億ドルとなり、新Agilentは現在と同水準で配当を継続していく見込みであるという。Agilentの社長兼CEOはBill Sullivan氏で、CFOはDidier Hirsch氏が引き続き務めていくと伝えている。

 新EM会社は、通信、航空・宇宙・防衛、産業、コンピュータ・半導体などが主要市場となり、2013年度の売上高見込みは29億ドルで、EM会社は当初は配当を行なわない見込みだという。

 これまでAgilentの社長兼最高執行責任者を務めてきたRon Nersesian氏は同社のエグゼクティブ・バイスプレジデントで、新EM会社のCEOとなり、この変更は即日執行となっている。これまで同社のバイスプレジデント兼財務責任者を務めてきたNeil Doughertyはアジレントのバイスプレジデントとなり、新EM会社ではCFOとなるという。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

「CASB」製品の導入選定時にチェックしたいポイントを徹底解説 【サイバネットシステム】 Excelはもう時代遅れ――作成わずか1分、クラウドでの帳票発行で業務を効率化 【スプレッドオフィス】 インカムシステム 【NTTテクノクロス】 クラウド実践ガイド:オンプレミスから移行するアプリケーションの見極め方 【F5ネットワークスジャパン】 メールセキュリティの新常識 高度に偽装された不正リンクもリアルタイム検出 【シマンテック】
認証 帳票管理システム その他情報共有システム関連 ADC/ロードバランサ メールセキュリティ
「CASB」製品の導入選定時にチェックしたいポイントを徹底解説 Excelはもう時代遅れ――作成わずか1分、クラウドでの帳票発行で業務を効率化 IPベースのインカムシステムで、スムーズな情報共有を実現するリアルタイムコミュニケーションツール。 クラウド実践ガイド:オンプレミスから移行するアプリケーションの見極め方 メールセキュリティの新常識 高度に偽装された不正リンクもリアルタイム検出
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20050393



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ