ITR、システム開発言語、フレームワークに関する調査結果を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ITR、システム開発言語、フレームワークに関する調査結果を発表


掲載日:2013/09/25


News

 株式会社アイ・ティ・アール(ITR)は、システム開発言語、フレームワークに関する利用動向調査の調査結果(有効回答:200件)の一部を発表した。

 調査は5月に、従業員100名以上の国内ユーザ企業に勤務するシステム/ソフトウェアの開発者及びその管理者を対象に、ITRの独自パネルを対象としたインターネット調査で行なわれた。

 同社によると、企業システム開発に利用しているプログラム言語の上位3つを現在及び将来(2から3年後)について確認した結果、現在最も利用されている言語はJavaであり、4割以上の企業が重要な言語と位置づけているとしている。更に、将来利用する言語もJavaがトップで、重視する企業は現在よりもさらに6ポイント増えて2位(VB.NET)との差も開いているとしている。

 ほとんどの言語は将来の選択率があまり伸びないなか、HTML5を重視する企業は現在の5%から将来は17.5%と大幅に増加していると伝えている。

 また、企業システム開発に利用しているフレームワークの中で上位3つを現在及び将来(2から3年後)について質問した結果、現在も将来も1位はWindowsフォームとなり、2位は現在・将来ともにASP.NET、3位はJava EEという結果になったとしている。

 システム開発の対象とするクライアント環境については、PC向けWebアプリケーションが最も重視されており、Windows向けアプリケーションがそれに続いていて、いずれも過半数を占めているとしている。

 将来の予定では、スマートデバイス/モバイル向けWebアプリケーションが大きく上昇し3位に浮上しているが、iOS及びAndroid向けアプリケーション、いわゆるネイティブ・アプリケーションを重視する企業は依然として1割前後と国内では少ないことがわかったと伝えている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

付加価値の高いサービス基盤を効率よく整備する際に必要なこと 【東日本電信電話】 Office 365を業務現場に手間なくスムーズに定着させる方法 【マイクロメイツ】 MajorFlow Time 【パナソニック ネットソリューションズ】 ビジネスチャット 「ChatLuck(チャットラック)」 【ネオジャパン】 グループIT基盤の最適化のために、短期間でのIT基盤刷新を実施 【NTTコミュニケーションズ株式会社】
タブレット 運用系業務アウトソーシング 勤怠管理システム 社内SNS IaaS/PaaS
高齢者を含む一般消費者向け事業の成否は、いかに付加価値の高いサービスを提供できるかにかかっている。そのサービス基盤を効率よく整備する際に必要なことを考えていく。 Office 365を業務現場にスムーズに定着させる方法――IT部門の手は煩わせない ワークフロー「MajorFlowシリーズ」の勤怠管理システム。Webで勤務報告や各種申請が実現。タイムレコーダ連携や他システムとの連携、スマートフォンからの入力も実現。 チャットアプリを中心にリアルタイムかつ効率的なコミュニケーションを実現。セキュリティなどビジネスに必要な機能を搭載。 サッポログループが実現、グローバルIT基盤の刷新とそれを支える運用管理
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20050384



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ