バッファロー、ニアラインHDDを採用した法人向け1u NASを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


バッファロー、ニアラインHDDを採用した法人向け1u NASを出荷


掲載日:2013/09/25


News

 株式会社バッファローは、信頼性に優れた長期安定稼働でデータ保護を図れる法人向けNAS「TS5400RH」シリーズ(容量:16TB/12TB/8TB)の出荷を10月上旬(予定)に開始する。

 「TS5400RH」シリーズは、「テラステーション5000」シリーズにラインアップされる。19インチラックに格納できるラックマウント(1u)対応で、スペース効率に優れ複数台の集中運用に適している。搭載しているHDDには、通常のデスクトップ向けHDDに比べ、耐振動性に優れ、低エラーレート・高速レスポンスに対応し、高品質部材を採用することで長寿命化を図ったニアラインHDDを採用し、長期間駆動に適していて、データセンタなどでの使用に耐えうる高信頼性を備えている。

 高速転送を行なうためAtomデュアルコアプロセッサ(2.16GHz)とDDR3メモリ2GBを搭載しているほか、HDDを4台搭載し、保存データを保護するRAID 1/5/6/10の各モードと、4台の合計容量を1ドライブとして利用できるRAID 0に対応している。1台をNASとiSCSIストレージの2役同時に利用できるiSCSIターゲット機能を備えているため、リーズナブルに必要な構成を利用できる。

 バックアップにも各種対応し、復旧作業の手間とダウンタイムの短縮を図れる“フェイルオーバー”は2台の同製品に同じデータを並列で保存しメイン機の障害発生時にはバックアップ機に自動で切り替えられる。また、災害から業務データを保護でき、インターネット回線を通じて遠隔地へのバックアップなどに活用できるクラウドサービスとの連携機能として“Amazon Simple Storage Service(Amazon S3)との連携”“遠隔地のテラステーションとの共有フォルダの同期”に対応している。

 監視カメラで撮影した動画データの保存先としても利用できる“IPカメラ(RTSPカメラ)”に対応し、カメラ1台分のライセンスが標準添付されている。無償提供のソフトウェアで映像データの管理・監視が行なえる上、オプションの追加ライセンスを購入することで最大10台のカメラの録画に対応し、IPカメラを利用した監視環境の構築に活用できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

新発想のデータ活用「データレイク」を支えるストレージ条件とは 【日本アイ・ビー・エム】 企業向けストレージに関するアンケート 【日本アイ・ビー・エム】 ストレージ基盤事例:刷新効果はパフォーマンス改善だけじゃない 【ネットアップ】 ASUSTOR 企業向けNAS AS7009RDX 【ユニスター】 10ベイ NASサーバ AS7010T 【シー・エフ・デー販売】
NAS NAS NAS NAS NAS
IoT、ビッグデータ……次世代デジタルデータ分析に必要なストレージ条件とは 3000円分のAmazonギフト券が当たる:ストレージに関する読者調査 ストレージ基盤導入事例――刷新効果はパフォーマンス改善だけじゃない エンタープライズ向けに設計された企業用ラックマウントモデルのNAS。ユニスターによるオンサイト・先出しセンドバックなどの保守も。 大容量で高い性能でありながら、非常にコンパクトなサイズで低価格であるため、大企業のみならず中堅・中小レベルでも導入しやすいNAS。

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20050365


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ