日立ら5社、広域SDN実現を目指す研究開発プロジェクトを発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立ら5社、広域SDN実現を目指す研究開発プロジェクトを発表


掲載日:2013/09/20


News

株式会社日立製作所、日本電気株式会社、日本電信電話株式会社、NTTコミュニケーションズ株式会社、富士通株式会社は、総務省の委託研究“ネットワーク仮想化技術の研究開発”に基づき、5社共同による研究開発プロジェクト“Open Innovation over Network Platform”(プロジェクト愛称:O3プロジェクト)を立ち上げたと発表した。

 複数の広域ネットワークインフラを統合管理するプラットフォームや、そこで用いるアプリケーションなど、広域ネットワークの様々な要素を総合的にSDN(Software‐Defined Networking)化することを目指す研究開発プロジェクトは、世界初となると伝えている。

 背景として、データセンタ(DC)内・DC間のネットワークを対象としてSDNを導入し、サービス提供までのリードタイムを短縮しようとするニーズが高まっていることなどを挙げている。

 同プロジェクトでは、DCなどの企業独自のネットワークへの導入が始まっている“SDN”を、通信事業者やインターネットなど広域ネットワークインフラに適用するための研究開発を推進する。開発の概要としては、様々なサービス要件を満たしたネットワークを構築して迅速なサービス提供を可能とする、SDNプラットフォームソフトウェアの開発、その上で動作するネットワーク設計・構築・運用管理を行なうソフトウェアの開発、それらにより制御可能なSDNネットワーク装置の開発を行なう。

 同プロジェクトによる広域SDNが実現することで、通信事業者は、広域ネットワークにおいて、サービスプロバイダの要求に応じてネットワークを従来の約10分の1の時間で臨機応変に設計・構築・変更できるようになるとしている。これにより、サービスプロバイダにとっては、サービスの開設・撤収時間を大幅に短縮することが可能となると伝えている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

ビジネス変革を目指す企業が導入すべき「攻めのITインフラ」とは 【ネットワンシステムズ株式会社】 EU一般データ保護規則(GDPR)をコンプライアンス施策だけで終わらせないために 【日本アイ・ビー・エム】 166社調査で見えた無線LAN導入・運用のヒント――多くの企業がつまずいたのは? 【エヌ・ティ・ティ・データ・ジェトロニクス】 ハイブリッドクラウド時代のプロセッサはアーキテクチャで選ぶ 【インテル】 安全性とコンプライアンスを両立、先進企業4社のタッグで生まれたクラウド基盤 【インテル】
統合運用管理 その他データ分析関連 無線LAN IaaS/PaaS IaaS/PaaS
ビジネス変革を目指す企業が導入すべき「攻めのITインフラ」とは EU一般データ保護規則(GDPR)をコンプライアンス施策だけで終わらせないために 166社調査で見えた無線LAN導入・運用のヒント――多くの企業がつまずいたのは? ハイブリッドクラウド時代のプロセッサはアーキテクチャで選ぶ 安全性とコンプライアンスを両立、先進企業4社のタッグで生まれたクラウド基盤
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20050303



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ